Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '13.04.11 新規リリース。
1.01.00 '13.06.11 ■要望対応
  • 入力:鉄筋の許容応力度の入力上限値を600.00(N/mm2)に拡張しました。
  • 入力:検討対象を地震時検討または地震時検討(NEXCO)から通常設計に変更した場合に、常時に関するデータをそのまま連動できるようにしました。また、地震時検討と地震時検討(NEXCO)間で検討対象を変更した場合、BOX本体形状等を連動できるようにしました。
  • 入力:これまで検討対象=地震時検討または地震時検討(NEXCO)の場合に剛域部材を一般部材の剛度×1000として扱えるようにしておりましたが、検討対象=通常設計およびサイロ土圧(NEXCO)時についても同様に扱えるよう対応しました。「初期入力」画面に「剛域部材の取り扱い:剛域/一般部材の剛度×1000」のスイッチを用意しています。
  • 入力:「形状」→「盛土」画面の鉛直土圧係数について0入力に対応しました。0入力の場合、フレームモデル載荷時および安定計算時とも鉛直土圧を0として扱います。
  • 計算:水位ケース数(死荷重ケース数)の上限値を拡張しました。最大10ケースまで検討可能です。
  • 計算:任意死荷重のケース数の上限値を拡張しました。最大10ケースまで検討可能です。
  • 計算:任意活荷重のケース数の上限値を拡張しました。最大10ケースまで検討可能です。
  • 計算:検討ケース数の上限値を拡張しました。最大300ケースまで検討可能です。
  • 出力:詳細計算書の出力において、全検討ケース中に定型1活荷重を含めたケースが存在しない場合は、「1.2 荷重」→「1.2.# 活荷重(case-#)」の定型1活荷重用は出力しないよう改善しました。
  • 出力:詳細計算書の「2章 断面方向の計算(レベル2)」→「2.3 検討ケース」の出力において、水平土圧係数を2ケース考慮する場合に荷重名称に含まれる[case-番号]の説明文を追加しました。
  • 図面作成:翼壁水平鉄筋の配筋間隔が大きくなる区間が生じる場合があった点を改善しました。

■不具合修正
  • ファイル:Ver.1.0.0で結果データを含めて保存した3連BOXおよび門形カルバートのデータファイルを再度読み込んだ場合に、結果部分を正常に読み込めない不具合があり、これを修正しました。なお、本現象は再読み込み後に計算実行していれば結果値は正常な値に更新されています。
  • 入力:「レベル2」→「剛域Lv2」画面において、ハンチが存在しない場合に剛域長を部材内面までとした時に入力範囲チェックに掛かる不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:最大最小土被り一括計算を行う場合の浮上りに対する検討において、最大土被り時のみを考慮していたため、これを修正しました。
  • 表示:レベル2地震時照査オプションによる計算時の「計算確認」→「レベル2」→「総括表」のボタン色において、結果にNGが存在しないにも関わらずボタン色が赤色となる場合があり、これを修正しました。
  • 出力:詳細計算書の任意地震荷重Lv2の出力において、荷重図が正常な描画領域からはみ出て出力されてしまい、その結果、WORDファイル(*.docx/*.doc)出力を行った場合に荷重図が見切れてしまう場合があり、これを修正しました。
  • 図面作成:作図スタイルがNEXCOタイプの場合、頂底版スターラップの配筋が不足する場合があった点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.1.1.0〜」→「Ver.1.1.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「検討対象」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「限界状態設計」→「荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「水圧」→「水圧」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「内水圧」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A2-1」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A5-1」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A6-6」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A7-10」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A8-1」
1.01.00 '13.06.19 Ver.1.01.00再リリース版
  • UC-1 for SaaS基本ライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
  • NetUpdate のライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
1.01.01 '13.08.06 ■要望対応
  • 出力:結果確認の「総括表」画面において、「印刷」ボタン押下によるプリンタ印刷を行う場合、これまで全ての文字色は黒色で出力していましたが、赤色や青色の文字色で表示されている箇所をそのままカラーで出力するよう変更しました。

■不具合修正
  • 計算:主鉄筋定着位置の計算において、全区間にわたり抵抗曲げモーメントが設計曲げモーメントより大きくなるケースが存在する場合に最も厳しくなるケースが抽出されないことがあり、これを修正しました。
  • 表示:基礎形式=バネ基礎の場合に「計算確認」→「断面方向」→「踏掛版」のボタン色において、結果にNGが存在するにも関わらずボタン色が緑色となる不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:任意死荷重を2ケース以上設定していると結果詳細のプレビュー時にエラーが生じてプレビュー画面が表示されない場合があり、これを修正しました。
  • 出力:死荷重を6ケース以上設定して任意死荷重を考慮する場合に、結果確認の「安定計算」画面や、詳細計算書の「設計条件」→「任意荷重」、「安定計算」→「荷重組合せケースの安定計算」,「結果一覧」、「断面方向の計算(レベル2)」→「荷重の組合せ」の出力内容が不正となる場合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 図面作成:翼壁縦断面図に作図する水平鉄筋の位置が正常でない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.1.1.0〜」→「Ver.1.1.1」
1.01.02 '13.09.20 ■不具合修正
  • 計算:縦方向の計算において、杭基礎で杭頭条件が固定(杭頭剛結)の場合に断面力および杭反力が正常に算出されない不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討ケースの候補数が300を超えていて、実際の検討ケース数が300未満の場合に、計算および出力が正常に行われない不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.1.1.0〜」→「Ver.1.1.2」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q1-33」※新規追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q16-8」※新規追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q17-19」※新規追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q22-2〜6」※新規追加
  • 「Q&A」→「U.ウイング」→「Q23-7」※新規追加
  • 「Q&A」→「U.ウイング」→「Q28-4」※新規追加
  • 「Q&A」→「V.縦方向」→「Q32-14」※新規追加
  • 「Q&A」→「X.その他」→「Q34-5」※新規追加
1.02.00 '13.10.04 ■要望対応
  • 計算:斜角付きBOXの検討において、ウイング無しでの計算に対応しました。ウイングは左右両側が無い場合や片側のみ無い場合のどちらも可能です。「初期入力」画面→「ウイング計算条件」にスイッチを用意しています。
    ※斜角付きBOXの検討は「ボックスカルバート標準設計図集(H.11.5)日本道路公団」の「5.3 斜角があるボックスカルバートの設計方法」(P.3664〜)および同基準(CD-ROM)に掲載されている「斜角があるボックスカルバートの土圧計算プログラム」の設計方法を参考としています。本方法ではウイングの存在が前提とされていますが、ウイング無しについては上記方法を元にウイングの影響を無視して対応しています。ウイング無しへの適用については設計者のご判断で決定していただきますようお願いいたします。
  • 出力:斜角付きBOXの検討において、計算書の「3章 ひずみエネルギー」→「3.3 側壁面のY軸方向の変位によるひずみエネルギー」が枠内に収まらない場合があり改善しました。
  • 計算:側壁の周面せん断力の算出において、底版の周面せん断力を無視する場合に底版の分を無視できるようにしました。「荷重」→「地震荷重」画面や「レベル2」→「地震荷重Lv2」画面にスイッチを用意しています。

■不具合修正
  • 計算:斜角付きBOXの検討において、外力の「縦方向の土圧」算出に静止土圧係数を用いていましたが、主働土圧係数を用いるよう修正しました。
  • 計算:斜角付きBOXの検討において、「底面のX軸方向の変位によるひずみエネルギー」のK14(22)の算出に誤りがあり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.1.2.0」→「Ver.1.2.0」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「レベル2」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「形状」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討NEXCO)」→「地震荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「地震荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「レベル2地震時照査(オプション)」→「地震荷重(レベル2)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「斜角付きBOXの設計」→「外力」→「カルバート縦方向の土圧」
1.03.00 '13.12.02 ■機能追加
  • ファイルメニューに「サンプルデータフォルダを開く」を追加しました。
  • ヘルプメニューに「製品サポートQ&Aページ」を追加しました。
■要望対応
  • 入力:これまで検討対象=地震時検討(NEXCO)のレベル2地震時照査(オプション)の場合のみ、水平変位振幅の直接入力に対応していましたが、その他の応答変位法による地震時検討についても水平変位振幅の直接入力に対応しました。「荷重」→「地震荷重」画面に「水平変位振幅:応答速度から算出/直接入力」のスイッチを用意しています。またこれまで「レベル2」→「基本条件Lv2」画面等で用いていた「地盤変位」の名称を「水平変位振幅」に変更しています。
  • 入力:検討対象が地震時検討(NEXCO)の場合に、設計水平震度の入力を小数第2位までから小数第3位までに拡張しました。
  • 入力:適用基準がNEXCOの場合、自動配筋での縦方向の鉄筋(配力筋)の最小鉄筋径を、「ボックスカルバート標準設計図集 (H.11.5) 日本道路公団」を参考にD13からD16に変更しました。
  • 計算:主鉄筋定着位置の計算において、1.5段配筋(例:1段目125ピッチ、2段目250ピッチ)に対応しました。なお、全ての部位が1.5段で配筋されている場合のみが対象となります。
■不具合修正
  • 入力:内空活荷重を同時に載荷しない活荷重を選択したまま内空活荷重のケース数を0とした時、不要なケースが追加される不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=通常設計且つ2連BOX且つバネ基礎且つ剛域ありで、剛域部材を一般部材の剛度×1000として扱う場合に、FRAME計算でエラーが生じる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:主鉄筋定着位置の計算において、頂版外側の左右や側壁外側の上下で鉄筋段数が異なる場合、鉄筋段数が異なる部位の定着計算は行わない旨のメッセージを表示し、整合が取れない結果を表示しないよう対策しました
  • 出力:詳細計算書の「1.2 荷重」→「1.2.1 荷重の組合せ」→「(2)活荷重」の出力において、内空活荷重を同時に載荷しない活荷重の名称が不正な場合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.1.3.0」→「Ver.1.3.0」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「レベル2」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「主鉄筋定着位置の計算」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q5-3」※新規追加
  • 「Q&A」→「U.ウイング」→「Q27-5」※新規追加
1.03.01 '14.01.20 ■不具合修正
  • ファイル:斜角付きBOXの設計でウイング無しの場合に、結果データを含めたファイル保存時にエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  • 入力:バネ基礎且つ剛域ありで剛域部材の取り扱いが一般部材の剛度×1000且つ底版厚が1.000(m)以上の時、計算実行後の「骨組みデータの確認修正」画面→「FRAME・部材/バネデータ」で断面積Aが入力表の範囲外となり画面確定時にチェックに掛かってしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:斜角付きBOXの設計でのスターラップ補強範囲の計算において、せん断照査位置が部材内面でせん断照査位置より外側にコンクリートが負担するせん断力と設計せん断力の交点が存在する場合に不要な補強範囲の結果が表示される不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:斜角付きBOXの設計でのスターラップ補強範囲の計算において、1-1断面に活荷重を考慮する場合に「コンクリートが負担するせん断力、設計せん断力」の表に出力している設計せん断力のケースが不正な場合があり、これを修正しました。
  • 計算:斜角付きBOXの設計において、ウイング有りの状態で計算実行後ウイング無しに変更してもウイング有りとして影響を考慮してしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:門形カルバートでのストラット部のせん断応力度照査において、有効幅bが不正だったため、これを修正しました。
  • 出力:斜角付きBOXの設計での詳細計算書の「1章 設計条件」→「1.6 鉄筋かぶり」→「中壁 かぶり」の出力において、主鉄筋かぶり自動設定をしない場合に不正な値が出力される場合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 出力:「内空活荷重」画面→「内空活荷重を同時に載荷しないケースを追加する」で定型1から定型3までが指定され且つ任意活荷重が指定されている場合に、詳細計算書の「1.2 荷重」→「1.2.1 荷重の組合せ」→「(2)活荷重」の出力において、内空活荷重を同時に載荷しない任意活荷重の名称が不正となる不具合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 出力:詳細計算書の「3章 縦方向の計算」→「3.1設計条件 」→「(3)材料および許容応力度等」→「鉄筋 許容曲げ引張応力度σsa」の出力において不正な値が出力される場合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.1.3.0〜」→「Ver.1.3.1」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q15-13」※新規追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「Q22-7」※新規追加
  • 「Q&A」→「U.ウイング」→「Q29-6」※新規追加
2.00.00 '14.03.19 ■要望対応
  • 入力:側壁配力筋の入力は、これまで図面作成モード内に用意していましたが(主鉄筋かぶり自動設定=する時は除く)、入力モードの「配筋」→「縦鉄筋」に用意しました。
  • 入力,出力:土留壁の配筋入力画面および土留壁の計算書出力において、対象の鉄筋が背面側の縦鉄筋であることが分かるよう改善しました。
  • 計算:「土地改良施設 耐震設計の手引き (H16.3) (社)農業土木学会発行」を参考とした耐震設計(L1,L2)に対応しました。断面方向および縦断方向の両計算に対応しています。検討対象=地震時検討時の「初期入力」画面→「計算条件1」に「適用基準(地震時):共同溝指針,駐車場指針,下水道施設/土地改良施設 」のスイッチを用意しています。
  • 計算:共同溝指針および下水道施設基準を参考とした縦断方向の耐震設計(L1,L2)に対応しました。検討対象=地震時検討時の「初期入力」画面→「計算条件2」に「縦方向の計算(地震時):する/しない」のスイッチを用意しています。
  • 計算:検討対象=地震時検討において、動水圧の考慮に対応しました。内水位が満水の時は自由水面がないもの、満水でない時は自由水面があるものとして扱います。
  • 計算:検討対象=地震時検討でレベル2地震時を非線形解析で行う場合に、曲げ耐力照査において曲率の照査に対応しました。
  • 計算:基礎形式=地盤反力度でレベル2地震時を非線形解析で行う場合に、死荷重に地盤反力を含めるか否かのスイッチを追加しました。
  • 表示:断面力図の出力において、中壁(隔壁)に着目点を追加し詳細な断面力分布を確認できるようにしました。

■不具合修正
  • 入力:検討対象=地震時検討,地震時検討(NEXCO)において、「形状」→「地盤」画面で盛土の単位重量γtを変更した場合に、ウイング、土留め壁の結果に反映されない場合があり、これを修正しました。
  • 図面作成:段落ち防止用枕底版主鉄筋の継ぎ手位置指定に対応しました。
  • 図面作成:すべり止め主鉄筋の鉄筋記号が重複する場合があった点を対策しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.0.0〜」→「Ver.2.0.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「使用制限」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「検討対象」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「基礎」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「配筋」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「レベル2」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−34」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A12−5」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A13−8」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A23−8」
2.00.01 '14.06.04 ■要望対応
  • 図面作成:本体に斜角がある場合に、胸壁部と翼壁部の翼壁途中止め主鉄筋の止め位置を改善しました。
  • 図面作成:本体平面形状が平行四辺形で、本体主鉄筋を端部主鉄筋のみで配筋した場合の端部組立筋長を改善しました。

■不具合修正
  • 入力:「形状」→「盛土」画面で「鉛直土圧係数の算定条件=剛性の高い地盤改良をカルバート外幅程度行う場合」を選択して保存した入力データファイルを読み込むと、「鉛直土圧係数の算定条件=良好な地盤」に変更されてしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 表示:踏掛版受台のせん断応力度照査において、本来NGと判定されるべきところでOKと判定されてしまう場合があり、これを修正しました。なお、本現象はせん断応力度τmと許容せん断応力度τaの差が0.0001(N/mm2)未満の場合のみ対象となります。
  • 図面作成:中壁に開口がある場合に鉄筋記号が重複する点を対策しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.0.0〜」→「Ver.2.0.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準」
2.00.02 '14.09.10 ■要望対応
  • 入力:許容押抜きせん断応力度の初期値について、道示W表-4.2.1はσck=30まで記述されておりσck>30の場合はこの表を元に線形補間で算出していましたが、道示V表-3.2.7はσck=60まで記述されているため、σck>30は道示V表-3.2.7を元に算出するよう変更しました。
  • 出力:一覧計算書の出力において、配筋に関する項目名を「鉄筋」に統一しました。

■不具合修正
  • 入力:適用基準がNEXCO以外で「考え方」→「その他」画面→「土留壁」→「過載荷重強度(右口)」の値を変更した場合に、変更が土留壁の結果に反映されない場合があり、これを修正しました。
  • 斜角付きBOXの設計でウイング無しの場合に、盛土勾配が0の場合の土留壁と盛土の整合チェックが不正な不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:一覧計算書の出力において、地震時による継手の軸方向相対伸縮量|uj|が正常に出力されない不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:検討対象=地震時検討でレベル2地震時を非線形解析とし曲げ耐力照査を曲率の照査で行う場合に、一覧計算書の出力において、レベル2地震時結果表の配筋情報が不正の場合があり、これを修正しました。
  • 出力:詳細計算書の定型1活荷重の出力において、荷重図が正常な描画領域からはみ出て出力されてしまう場合があり、これを修正しました。
  • 出力:斜角付きBOXの設計で、活荷重を考慮した計算結果を保存したデータを読み込み計算書を確認した場合に、活荷重に対する外力集計や地盤反力度が0で出力されてしまう場合があり、これを修正しました。
  • 出力:一覧計算書の出力において、検討対象=地震時検討でレベル2地震時を非線形解析=しない場合(限界状態設計)でも、曲率照査の書式で出力されてしまう場合があり、これを修正しました。
  • ヘルプ:「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「レベル2地震時照査(非線形)」→「地震荷重(レベル2)」→「(1)地盤変位荷重」→「■荷重として載荷する場合」内のKx説明に誤字があったため、これを修正しました。
  • 図面作成:左右独立翼壁の場合に不要な水平鉄筋を作図するする場合があり、これを修正しました
  • 図面作成:NEXCOタイプ本体平面図に作図される側壁かぶり寸法値が、左右側壁で逆に作図される不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.0.0〜」→「Ver.2.0.2」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−36」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A9−5」
2.01.00 '14.10.14 ■要望対応
  • 出力:積算連携データのプレビューおよびファイル保存に対応しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.0.0〜」→「Ver.2.1.0」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」
2.02.00 '14.12.02 ■要望対応
  • 入力:主鉄筋の被り(cm)を小数第1位までの入力から2位までの入力に拡張しました。
  • 入力:土被り厚≧GH(制限土被り厚)の場合に定型2活荷重を載荷する/しないの指定が行えるようにしました。「荷重」→「定型活荷重」画面に「土被り厚≧GHのとき、定型2を載荷しない」のスイッチを用意しています。
  • 計算:検討対象=地震時検討(NEXCO)で杭基礎時の場合に、本体部相対変位はこれまで底版軸線位置の変位を基準としていましたが、杭先端位置の変位を基準で検討できるよう対応しました。「荷重」→「地震時荷重」画面に「本体部の相対変位の基準位置(杭基礎時):底版軸線/杭先端」のスイッチを用意しています。
  • 計算:杭頭接合部の底版コンクリートの水平方向押抜きせん断応力度照査について、作用する水平力の向きに応じて左右の照査側を決めて照査していましたが、左右とも照査し厳しい方を抽出するようにしました。
  • 計算:ウイング先端から照査位置までのウイング長が範囲(4m〜8m)外で風荷重(H11.4)または任意荷重による断面力が算出不可の場合に、断面力の直接入力に対応しました。「考え方」→「その他」画面に「ウイング長が範囲外時に断面力を直接入力:しない/する」のスイッチを用意しています。また隣の「断面力」ボタン押下で開く画面で断面力の入力が行えます。
  • 出力:詳細計算書の「1.1 設計条件」→「1.1.# 材料の基準値および許容応力度」→「鉄筋の許容引張応力度」に「(頂版以外)」の文言を追加しました。
  • 出力:詳細計算書の「1.# 応力度計算」→「#.#.2 せん断応力度」で、せん断照査方法=土工指針(H11)の場合に抽出ケースの曲げモーメントM(kN.m)を出力するようにしました。全検討ケースの出力も同様にMを出力します。
  • 出力:詳細計算書の全検討ケースの結果出力について、メインメニュー「オプション」→「出力値の書式設定」の設定に準じて値を出力するようにしました。
  • 出力:設計要領タイプによるウイング詳細計算書の「断面力計算」→「(2)活荷重による断面力」の内容を改善しました。
  • ヘルプ:「計算理論及び照査の方法|ウイングの計算|設計要領タイプの計算|活荷重による断面力」の内容を改善しました。

■不具合修正
  • 出力:詳細計算書の「1.2 荷重」→「1.2.# 死荷重」→「外力集計」の出力において、多層地盤且つバネ基礎または地盤反力度で計算方法=軸線幅且つ頂版軸線<外水位<頂版上面の場合に、土圧・水圧が0で出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.2.0〜」→「Ver.2.2.0」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「限界状態設計」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算書作成」→「出力項目選択」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「応力度計算」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「杭頭結合計算」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「ウイングの計算」→「「設計要領」タイプの計算」→「活荷重による断面力」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−9」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−19」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−27」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−28」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A9−3」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A13−6」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A13−9」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A14−2」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A14−20」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A17−2」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A17−10」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A20−3」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A20−12」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A30−2」
3.00.00 '15.03.30 ■要望対応
  • 入力:定型2活荷重(側圧)と同等の活荷重を任意活荷重で入力可能としました。「荷重」→「任意活荷重」画面に「入力方法:輪荷重/分布荷重/側圧」のスイッチを用意しており、『側圧』選択時に定型2活荷重と同等の側圧を載荷します。
  • 入力:検討対象=地震時検討(NEXCO)の「レベル2」→「地盤バネLv2」画面入力において、道示Wの式で算出したバネ値の自動セットに対応しました。同画面に「計算」ボタンを用意しボタン押下時に自動セットします。
  • 入力:直接基礎の場合において、バネに影響のある入力項目が変更されたとき、再計算したバネ値の自動セットに対応しました。「考え方」→「基本」画面に「バネ値の自動算出」のスイッチを用意しており、これを『する』設定時に自動セットを行います。なお、地震時検討(NEXCO)のレベル2地震時検討用のバネ値は自動セットの対象外とします。また杭基礎時の支点バネ値は従来より必ず自動セットします。
  • 入力:検討対象=地震時検討および地震時検討(NEXCO)の場合において、「形状」→「地盤」画面で「土の湿潤重量γt>土の飽和重量γsat」で入力されている場合、計算実行時にチェックに掛けて計算を中断していましたが、「地盤」画面の入力確定時にチェックに掛けて入力修正していただくよう変更しました。
  • 入力:「考え方」→「基本」画面において、従来「地盤反力度の計算方法」のスイッチ名を「断面力計算時の底版反力の計算方法」に変更しました。
  • 入力:斜角付きBOXの設計において、水平土圧係数の初期値を従来の0.5, 1ケースから、0.5, 0.3の2ケースに変更しました。水平土圧係数の入力は「考え方」→「本体」画面に用意しています。
  • 入力:「配筋」の各入力画面において、「配筋」表の各鉄筋毎に2行(上下段)入力に関する説明文を配筋表の下に追加しました。
  • 計算:「下水道施設の耐震対策指針と解説 2014年版 (社)日本下水道協会」を参考とした耐震設計(L1,L2)に対応しました。検討対象=地震時検討時の「初期入力」画面→「計算条件1」に「適用基準(地震時):共同溝指針,駐車場指針,下水道施設2006/土地改良施設/下水道施設2014」のスイッチを用意しています。
  • 計算:検討対象=地震時検討でレベル2地震時を部材非線形解析で行う場合に、せん断耐力照査において道示による照査(地震時検討(NEXCO)のレベル2地震時で行っているせん断照査方法)に対応しました。「レベル2」→「基本条件Lv2」画面→「せん断耐力照査」→「照査方法:限界状態設計/道示」のスイッチを用意しています。
  • 計算:門形カルバートで計算モデルが一体での安定計算において、温度荷重を含むケースも候補に含めて検討するようにしました。
  • 計算:杭体断面力の算出において従来の算出方法ではデータの微小な誤差の影響で杭先端付近の断面力分布が乱れる場合があったため、これを改善しました。
  • 計算:レベル2地震時を部材非線形解析で行う場合に、横拘束筋による影響の考慮有無を部材の区間毎に設定できるようにしました。「レベル2」→「横拘束筋Lv2」画面において区間@〜Bの間隔(cm)に0入力されている区間は横拘束効果を考慮しません。
  • 計算:レベル2地震時を部材非線形解析で行う場合に、せん断耐力の照査位置毎でのせん断補強鉄筋の間隔(cm)の設定に対応しました。「レベル2」→「せん断補強鉄筋Lv2」画面に照査位置毎の間隔(cm)の入力を用意しています。
  • 計算:レベル2地震時を部材非線形解析で行う場合に照査に用いる断面力について、1節点に2種類の断面力が存在するとき、従来は最初に見つかった方を抽出していましたが、両方のうち厳しい方を抽出するよう変更しました。
  • 出力:検討対象=地震時検討の場合において、詳細計算書の「1.1 設計条件」に地震時の主たる適用基準名称の出力を追加しました。
  • 出力:詳細計算書の「1.1 設計条件」→「1.1.# 任意荷重」の出力において荷重強度の小数桁数を入力画面及び詳細計算書「1.2 荷重」と統一しました。
  • 出力:詳細計算書の「1.2 荷重」→「1.2.# 活荷重(case-#)」の出力において、内空活荷重が同時に組み合わされる活荷重は組み合わされる内空活荷重のケース番号を出力するようにしました。
  • 出力:一覧計算書のウイング結果出力において、ウイング部材厚(mm)の出力を追加しました。
  • 出力:詳細計算書のウイング結果出力において、従来は左(右)口ウイングの最上位タイトルを「#章 ウイングの計算」として出力していましたが、「#章 左(右)口ウイングの計算 」として出力するようにしました。
  • ヘルプ:FRAME解析結果画面のヘルプ(「操作方法|メニューの操作|計算確認|FRAME」)に、水平土圧係数を2ケース考慮している場合、水平土圧係数2ケース目の荷重ケース名称には末尾に[CASE-2]が付く説明を追加しました。
  • 図面:図面生成時の引出線編集機能を拡張(引出線表示部の重なり自動回避に対応)しました。
  • 図面:ストラット主鉄筋先端を門型本体底版内に定着(剛結)するように改善しました。

■不具合修正
  • 入力:杭基礎で場所打ち杭の場合に、「基礎」→「基本」画面で杭体の設計基準強度または鉄筋材質を変更しても、結果データがクリアされないために不正な結果となる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:杭基礎で剛域を考慮している場合に、計算実行時にエラーが生じる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:斜角付きBOXの設計で水平土圧係数を2ケース考慮する場合に、「5章 設計荷重」の活荷重の出力において、側圧が作用しない定型1活荷重や任意活荷重の水平土圧2ケース目の外力集計および地盤反力の結果が0で出力される不具合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 計算:門形カルバートで計算モデルが一体のとき、活荷重のケース数が多い場合に計算実行時にエラーが生じる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:門形カルバートの場合に、本来、側壁下側のせん断照査位置に矛盾(照査位置が交差していないか、または軸線中央を超えていないか)が無い場合でも不要なチェックに掛かる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:スターラップの補強範囲の算出において、設計せん断力とコンクリートのみで負担する場合のせん断力との交点が存在しない場合の結果が不正な場合があり、これを修正しました。
  • 出力:詳細計算書の「1.2 荷重」内の荷重描画図において、2,3連ボックス本体の隔壁上側のハンチが不正な寸法で描画される場合があり、これを修正しました。
■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.0.0〜」→「Ver.3.0.0」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用構造物(通常設計)」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「道路土工カルバート工指針(平成21年度版)対応について」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「検討対象」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「基礎」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「配筋」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「レベル2」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「限界状態設計」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「結果確認」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「共同溝、駐車場、下水道2006」 ※項目名変更
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「下水道2014」 ※追加
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「下水道2014」→「地盤種別」 ※追加
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「下水道2014」→「設計水平震度」 ※追加
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「下水道2014」→「地盤バネ」 ※追加
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「下水道2014」→「地震荷重」 ※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−37」 ※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A6−12」 ※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A22−8」 ※追加
3.00.01 '15.04.28 ■不具合修正
  • 計算:検討対象=地震時検討または地震時検討(NEXCO)で3連ボックスで地震時周面せん断力の上限を考慮する場合に、主鉄筋定着位置の結果が不正となる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討または地震時検討(NEXCO)で、多層地盤の層変化点が側壁下側剛域内に存在する時、対角線断面照査において下側の計算が行われない場合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討の2,3連ボックスでレベル2地震時を部材非線形として照査するとき、曲げ支間部の照査位置として隅角部格点が抽出される場合があり、これを修正しました。
  • 表示:検討対象=地震時検討でレベル2地震時を部材非線形として照査するときでレベル2地震時のせん断耐力照査方法=道示の場合に、「計算確認」→「レベル2」→「総括表」や各部材ボタンのボタン色において、結果にNGが存在しないにも関わらず赤色となる場合があり、これを修正しました。
  • 出力:3連ボックスの場合に、詳細計算書の主鉄筋定着位置の出力で検討ケースの単位に誤って「cm」と表記していたため「━」で出力するよう修正しました。
  • 出力:検討対象=地震時検討且つ適用基準(地震時)=下水道施設2014且つ多層地盤=しないでボックス直下に原地盤面が存在し基盤面まで複数層が存在する場合に、詳細計算書「断面方向の計算」→「設計条件」→「地震時検討条件」の地層表において層番号1のνDおよびEDに不要な値を出力してしまう不具合を生じておりました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 出力:検討対象=地震時検討の3連ボックスでレベル2地震時を部材非線形として照査するときで多層地盤=しない場合に、詳細計算書「断面方向の計算(レベル2)」→「設計条件」→「地盤バネ」の出力においてバネ値が正常に出力されない不具合を生じておりました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • ヘルプ:「計算理論及び照査の方法|BOX本体断面方向の計算|限界状態設計|終局限界状態|■せん断耐力の照査|1) 棒部材の設計せん断耐力Vyd」の説明について、「2007年制定 コンクリート標準示方書 設計編 土木学会」の方法で算出していますが古い2002年版の内容で記述していたため、これを修正しました。


■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.0.0〜」→「Ver.3.0.1」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−38」 ※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A7−25」 ※追加
3.01.00 '15.06.09 ■不具合修正
  • UC-1 Engineer's Suite積算(公共土木)との連携において、概算積算用の数量取込ファイル(*.DLK)の出力に対応しました。

■ヘルプの修正(変更)内容

  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.1.0〜」→「Ver.3.1.0」
  • 「概要」→「UC-1 Engineer's Suiteについて」→「積算連携データの保存」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」
3.01.01 '15.11.11 ■要望対応
  • 入力:レベル2地震時を部材非線形解析で行う場合に、「レベル2」→「計算分割数」の入力上限値を100に拡張しました。
  • 入力:ウイング補強鉄筋画面(「配筋」→「左(右)口補強鉄筋」)の本体配筋との連動機能を改善しました。
  • 図面:折り曲げのある鉄筋の加工図で、鉄筋線が折れ点で連続していない(わずかな隙間がある)点を改善しました。

■不具合修正
  • 入力:「考え方」→「基本」画面→「浮上りに対する検討」内の「任意死荷重:無視/考慮」スイッチが不適切な位置のため見えなくなっていたため、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=門形カルバートで計算モデルが底版分離の場合に、計算実行時にエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  • 計算:複鉄筋で、ハンチの影響を考慮することで内側の鉄筋が図心を超えて位置する場合に、必要鉄筋量の計算が正常に行えない場合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討で適用基準(地震時)が土地改良施設の時、詳細計算書のレベル2地震時の曲げ耐力照査結果出力において底版の断面結果が不正となる場合があり、これを修正しました。
  • 出力:詳細計算書の「1.2荷重」→「1.2.1 荷重の組合せ」→「(2)活荷重」に本来不要な『同時に載荷する活荷重caseNo』列が出力される場合があり、これを修正しました。
  • 出力:検討対象=地震時検討のレベル2地震時を部材非線形として照査するときで多層地盤=する且つ適用基準(地震時)=下水道施設2014の場合に、詳細計算書「断面方向の計算(レベル2)」→「設計条件」→「地盤バネ」の出力において側壁の水平方向バネkHおよびせん断バネkssが0で出力される不具合があり、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 出力:詳細計算書の「縦方向の計算(地震時)」→「レベル1地震時照査」の出力において、σc>σca,σs≦σsaの場合に、誤って判定結果を『OK』で出力してしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:一覧計算書の出力において、2段配筋時の側壁上側の鉄筋かぶりが不正な値で出力される場合があり、これを修正しました。
  • 図面:動作環境によっては、図面生成が正常に行えない場合があり、これを修正しました。
  • 図面:踏掛板の受台の平面角度が入力と異なる場合があり、これを修正しました。
  • 図面:本体の縦断勾配と平面斜角により、翼壁の形状が入力と異なる場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.1.0〜」→「Ver.3.1.1」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A5−4」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A6−13」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A7−26」※追加
3.02.00 '16.01.06 ■要望対応
  • 『下水道施設耐震計算例−管路施設編−前編2015年版』(公益社団法人日本下水道協会)の発刊に伴い、以下の対応を行いました。
    1. 固有周期を算出する際の係数αDにおいて、レベル1地震動で1.25、レベル2地震動で2.00を初期値としました。
    2. 表層地盤の動的ポアソン比において、加重平均による自動算出に対応しました。
    3. 地域区分をA,B,CからA1,A2,B1,B2,Cに変更しました。
    4. 地層変化位置毎での側壁周面せん断力の算出に対応しました。
    5. レベル2地震時の曲げ照査(限界状態設計)で部材端とハンチ端の同時照査に対応しました。
    6. 地盤バネの入力を整数から小数第3位に拡張しました。詳細計算書では、バネの入力値と計算値が等しい場合のみバネ算出式を出力しています。旧データファイル読み込み時はバネの算出式が出力されなくなるため、バネ算出式を出力されたい場合は、バネの入力画面で「計算」ボタン押下によりバネ値を更新してください。
    7. 縦方向現場打ち:水平,鉛直面内の断面照査において2方向(上下反転)断面での照査に対応しました。
      ・入力:検討対象=地震時検討において、周面せん断力の直接入力に対応しました。「荷重」→「地震荷重」画面に入力を用意しています。
      ・入力:杭種が鋼管杭、回転杭の場合の杭径の入力上下限値を0.100〜9.990(m)に拡張しました。
      ・入力:「形状」→「盛土」画面での「計算」ボタン押下による鉛直土圧係数の自動算出において、適用基準=NEXCOの場合は小数点以下第2位の値に丸めるよう変更しました。これは「設計要領 第二集 カルバート編平成26年7月 NEXCO」P.6の「a(鉛直土圧係数)は小数点以下第2位に丸める。」の記述を参考にしています。
      ・出力:詳細計算書の「1.1設計条件」→「1.1.#任意荷重」での任意活荷重(輪荷重タイプ)の出力において、土被り厚がGH以上の場合は分布荷重強度qの一様分布として扱われることを示す一文を出力するよう改善しました。

■不具合修正
  • 計算:門形カルバートの底版分離モデルで格点集中荷重を考慮する場合に、水平土圧および活荷重による側圧において不要な格点集中荷重が側壁下端に載荷されてしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討でレベル2地震時を部材非線形として検討するとき、2,3連BOXのレベル2曲げ耐力の照査において、中壁/隔壁下隅角部の照査時に誤って支間部の断面力を用いる不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:本体断面方向の一覧計算書の出力において、曲げ照査位置を端部+ハンチ端で照査する場合に、相互配筋時の2番目のかぶりが0で出力されてしまう場合があり、これを修正しました。
  • 出力:詳細計算書の「1.2荷重」→「1.2.#死荷重」の出力において、多層地盤で外水位が盛土内に存在する場合の「土圧および水圧」の算出式に誤りがあり、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果に影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.2.0〜」→「Ver.3.2.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討NEXCO)」→「地震荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「共同溝、駐車場、下水道2006」→「地震荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「下水道2014」→「地震荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「地震荷重(地震時検討)」→「土地改良」→「地震荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「耐力照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「レベル2地震時照査(非線形)」→「地震荷重(レベル2)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体縦方向の計算」→「地震時検討」→「断面照査」
3.02.01 '16.02.12 ■要望対応
  • 入力:土圧軽減ボックスカルバートの検討を行う場合に、「形状」→「盛土」画面→「発泡スチロール厚(m)」の入力上限値を1.000(m)から3.000(m)に拡張しました。また、同画面ヘルプに参考元の設計要領では標準的な厚さが50cmと記載されている旨を追記しました。

■不具合修正

  • 計算:通常設計の3連BOX且つバネ基礎且つ剛域ありで剛域部材の取り扱い=一般部材の剛度×1000の場合に、FRAMEモデルの底版剛域部材の断面情報が不正となる不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:単鉄筋構造で端部とハンチ端の曲げ応力度を同時照査する場合に、複鉄筋構造の書式で結果表を出力していたため、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果に影響はありません。
  • 出力:周面せん断力の出力において、地盤のせん断強度を算出しない場合に結果が出力されない不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:周面せん断力の出力において、多層地盤の場合に表層地盤の厚さの値が誤って出力していたため、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果に影響はありません。
  • 出力:周面せん断力の出力において、地盤のせん断強度の算出根拠として出力している土質名を誤って出力していたため、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果に影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.2.0〜」→「Ver.3.2.1」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
4.00.00 '16.05.06 ■重要
  • ライセンスの認証をサブスクリプション方式に変更しました。
    詳しくは、弊社ホームページの「FORUM8サブスクリプションサービス移行のご案内」をご覧ください。
    http://www.forum8.co.jp/product/subscription.htm

■要望対応
  • 入力:コンクリート設計基準強度σck変更時の許容値自動セットにおいて、許容値画面の表示桁に丸めてセットするよう変更しました。
  • 計算:底版張出形状に対応しました。検討対象=通常設計の単ボックスのみを対象とします。「初期入力」画面に「底版張出:なし/あり」のスイッチを用意しています。
  • 計算:埋戻し土の土質定数を考慮した地震時の検討に対応しました。「初期入力」画面→「埋戻し土の入力」に埋戻し土に関するスイッチを用意しており、土圧、地盤バネ値等の算出に埋戻し土の土質定数を考慮するか指定が可能です。埋戻し土の地質情報は「形状」→「地盤」画面→「埋戻し土」で入力してください。
  • 計算:丸鋼(SR235)に対応しました。「材料」画面にSR235の選択を追加しています。なお、丸鋼設定時は図面作成を行うことができません。
  • 計算:PHC杭の杭頭カットオフ区間の杭本体照査に対応しました。「基礎」−「基本」画面に「PHC杭杭頭カットオフ区間照査を行う」のスイッチを用意しています。
  • 図面:翼壁天端平面図には翼壁先端巾止め筋を作図しないように改善しました。

■不具合修正
  • 計算:検討対象=地震時検討で常時,L1地震時の曲げ照査位置を部材端(部材内面)、L2地震時の曲げ照査位置を部材端(部材内面)+ハンチ端とした場合に、計算時にエラーが発生する不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:適用基準(地震時)=土地改良施設時の場合に、細計算書「1.1.#地震時検討条件」→「(3)設計応答速度」→「レベル1地震時」のTG−Sv表出力において、一部値が誤っていたためこれを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で、入力時の「荷重」→「地震荷重」画面→「設計応答速度」→「計算」ボタン押下時は正常な値で算出されています。
  • 出力:メインメニュー「ファイル」→「入力データの出力」→「計算用データ」実行時にエラーが発生し、入力データ出力が行えない不具合があり、これを修正しました。
  • 図面:本体縦断勾配と翼壁取付角度により、翼壁天端鉄筋が正常に作図されない場合があり、これを修正しました。
  • 図面:平面折れ翼壁の正面図に作図される翼壁水平鉄筋の先端が本体側壁外に作図される場合があり、これを修正しました。
  • 図面:左右単独翼壁の平面図で翼壁水平鉄筋の先端が本体側壁かぶり位置に作図されない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.0」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「検討対象」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「基礎」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「基礎」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「BOX上載荷重」−「路面荷重・舗装・盛土」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「断面力の計算データ」−「骨組」−「格点番号および部材番号」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「断面力の計算データ」−「骨組」−「剛域部材長」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「設計断面の照査」−「断面照査位置」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「杭頭結合計算」
4.00.01 '16.05.18 ■不具合修正
  • 計算:頂版軸線位置と頂版天端位置、底版軸線位置と底面位置で地層が異なり、「荷重」−「地震荷重」画面の周面せん断力の設定で
    算出位置=頂底版軸線位置
    頂版天端と頂版軸線、底面と底版軸線とで地層が異なる場合=周面の地層の場合に周面位置の土質データを用いて軸線位置での周面せん断力を算出すべきですが、周面位置での周面せん断力を算出してしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 算出位置=頂底版軸線位置
  • 計算:浮上りに対する検討において、底版張出部の影響が反映されない不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:スターラップの計算方法=間隔ごとに計算の場合に、底版張出部のスターラップの算出が不正な不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:底版張出部の付着応力度が正しく算出されない不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:底版張出形状の場合に、詳細計算書の「設計条件」→「一般条件」→「(2)基礎形式:分布バネ」→「B:カルバート幅」に底版張出分の幅が含まれない値で出力されており、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で、実際のバネ値は底版張出分も含めて計算したものを用いています。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.1」
4.00.02 '16.06.24 ■不具合修正
  • 入力:「考え方」→「基本」画面の確定有無で杭頭結合部の仮想鉄筋コンクリート断面の照査に用いる曲げモーメントの扱いが異なる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:断面力計算時の底版反力の計算方法が全幅の場合、任意活荷重の地盤反力が0となってしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:丸鋼での付着応力度の照査において、(cm)単位で用いるべき鉄筋周長の値を(mm)単位で用いている不具合があり、これを修正しました。
  • 表示:検討対象=地震時検討のとき「計算確認」→「断面方向」の各部材の結果においてレベル2地震時の曲げ照査の結果が正しく表示されない場合があり、これを修正しました。
  • 表示:検討対象=地震時検討且つ多層地盤且つバネ基礎且つ剛域あり(剛域として扱う)の場合に、骨組みデータの確認修正画面の「FRAME・部材/バネデータ」で剛域部材の断面データを変更すると部材データが不正となる不具合があり、これを修正しました。
  • 表示:検討対象=地震時検討または地震時検討(NEXCO)且つ多層地盤且つ剛域あり(一般部材の剛度×1000として扱う)の場合に、骨組みデータの確認修正画面の「断面データ」に不正な値が設定される不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:検討対象=地震時検討(NEXCO)でレベル2地震時の周面せん断力の出力において、各部材毎のせん断力の考慮有無の出力内容が不正な場合があり、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。
  • 出力:検討対象=地震時検討且つ適用基準(地震時)=下水道施設2014の場合に、地盤条件の出力において、不要なα・Eoの列が出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。
  • ファイル:Ver.15.0.0またはSuite4.0.0で結果データを含めて保存したデータファイルを読み込んだときに、結果データを正しく読み込めない場合があり、これを修正しました。
  • 図面:本体頂版配力筋の寸法線が正常に作図されない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.2」
4.00.03 '16.09.02 ■要望対応
  • 図面:「一般図」および「3D配筋生成(躯体)」に本体開口部を作図するように改善しました。

■不具合修正
  • 入力:「形状」→「地盤」画面で地盤の特性値TGを直接入力して確定後、再度画面を開いた時に一部入力が初期化されてしまい正しく再現できない不具合があり、これを修正しました。
  • 入力:検討対象=地震時検討で適用基準(地震時)=土地改良施設の場合に、レベル2地震時の曲げ照査位置の設定について、本来、未対応の「ハンチ端も照査する」スイッチが有効となってしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討でレベル2地震時を部材非線形として検討且つ剛域無し且つ曲げ照査位置が端部+ハンチ端の場合に、側壁および隔壁のハンチ端の曲げ照査結果が0で出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討で多層地盤且つ常時において埋戻し土を考慮する場合に、常時の土圧が誤って原地盤の土質を考慮して算出される場合があり、これを修正しました。
  • 計算:隅角部格点集中荷重を考慮且つBOX自重の考え方=B(図緑色部分の重量を軸線高で除した値を軸線に載荷する)の場合に、頂底版の左右軸線外部相当の格点集中荷重算出において、一部側壁自重と二重計上されていたため、これを修正しました。
  • 表示:検討対象=地震時検討で適用基準(地震時)=土地改良施設の場合に、「計算確認」→「断面方向」→「総括表」のレベル2地震時の結果が正常に表示されない不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:検討対象=地震時検討且つ3連ボックスでの結果一覧出力において、レベル2地震時のかぶりの値が一部不正となる場合があり、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で、結果への影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.3」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A14−21」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A15−14」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A22−9」※追加
4.00.04 '17.01.30 ■要望対応
  • 入力:コンクリートの許容軸圧縮応力度の自動設定において、設計基準強度σck>30の場合、これまで道示W(H24.3)P.157の表-4.2.1を元に線形補間で求めておりましたが、道示V(H24.3)P.128を参考にσck×0.85×(1/3)で算出するよう変更しました。
  • 入力:「考え方」→「基本」画面→「液状化による浮上りに対する検討」→「内空土被り,内水位:無視/考慮」スイッチの初期値について、「共同溝設計指針S61(社)日本道路協会」P.64の内容より「考慮」に変更しました。
  • 入力:本体形状寸法確定時に内部で自動算出するモーメントシフト値(m)において、「Mシフト」画面の入力最小単位である小数第3位迄の値に丸めて設定するよう改善しました。
  • 図面:適用基準=NEXCO時の翼壁テーパー筋の配置位置を主鉄筋の内側に変更しました。(情報管理#48086)(保守管理#−)
  • ヘルプ:門形カルバートの地震時水平土圧算出に用いる係数a,bの説明について、背面が土とコンクリートの場合の他に、土と土の場合についても追加しました。

■不具合修正
  • 入力:埋戻し土を考慮後の地盤の層数が30を超える場合に計算実行時にエラーとなるため、「形状」→「地盤」確定時に30層を超えないようチェックを追加しました。
  • 入力:バネ基礎の場合、本来、底版に温度変化を考慮して計算が行えないようチェックに掛けておりますが、手順によって計算が可能となり計算実行時にエラーとなる場合があるため、チェックを追加しました。
  • 計算:3連ボックスの必要鉄筋量の計算において複鉄筋でハンチの影響を考慮する場合に、内側鉄筋の必要鉄筋量が誤って0となる場合が有り、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討(NEXCO)で主鉄筋かぶり自動設定を行う場合に、部材非線形解析によるL2地震時の断面力算定において、右側壁配力筋の内外の扱いが逆になっており、そのため右側壁のかぶりが不正となる不具合があり、これを修正しました。
  • 表示:「計算確認」→「断面方向」→「対角線断面」のボタン色において、内側引張の箇所は本来照査を省略しますが、誤ってNG結果としてボタン色を赤色とする不具合があり、これを修正しました。
  • 表示:配筋パターン図の描画について、内側鉄筋が不正に描画される場合があり、これを修正しました。
  • 出力:周面せん断力が全て0の場合に、正常に計算書プレビューが出来ない場合があり、これを修正しました。
  • 出力:門形カルバートの詳細計算書の構造寸法図の出力において、土被りが小さい時に縮尺に問題があり図がはみ出てしまう場合があり、これを修正しました。
  • 出力:門形カルバートの詳細計算書の曲げ応力度結果表の出力において、使用鉄筋の書式が崩れて表示される場合があり、これを修正しました。
  • 図面:適用基準=NEXCO時の本体斜角部(ハンチ筋配置範囲)の頂底版スターラップの長さが正しくなかった点を修正しました。
  • 図面:適用基準=NEXCO時の翼壁配力筋長を算出する際の「かぶり値」が正しくなかった点を修正しました。
  • 図面:適用基準=NEXCO時の翼壁かぶり詳細図(テーパー部)の主鉄筋記号が正しくなかった点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.4」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「材料」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A1−34」
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A21−6」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A21−7」※追加
  • 「Q&A」→「T.断面方向」→「A22−10」※追加
4.00.05 '17.02.16 ■要望対応
  • 入力:門形カルバートの形状寸法入力について、底版張出長(外側)、底版張出長(内側)の入力上限値を5.000(m)から9.999(m)に拡張しました。
  • 入力:検討対象=地震時検討で適用基準(地震時)=下水道施設2014の時、地盤バネの入力画面においてブロック長はバネ値計算に影響を与えないので、ブロック長の入力を非表示にしました。

■不具合修正
  • 計算:検討対象=地震時検討(NEXCO)でL2地震時の周面せん断力が直接入力のとき、底版の周面せん断力が正常に考慮されない場合があり、これを修正しました。
  • 表示,出力:結果確認画面や詳細計算書出力において杭頭結合計算のコンクリート断面照査の結果が省略されてしまう場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.5」
4.00.06 '17.03.22 ■要望対応
  • 入力:許容支持力計算(直接基礎)の安全率は整数値での入力としておりましたが、小数以下3位までの入力に変更しました。

■不具合修正
  • 出力:「検討対象=地震時検討」且つ「適用基準(地震時)=下水道施設2014」且つ「多層地盤=しない」の場合に、地盤条件の出力において、不要なα・Eoの列が出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.6」
4.00.07 '17.05.15 ■不具合修正
  • 計算:斜角付きBOXの設計において、スターラップの計算方法=鉄筋情報入力設定時にスターラップ鉄筋量Awの算出が不正の場合があり、これを修正しました。
  • 計算:斜角付きBOXの設計において、計算結果を含めたファイルを読み込み、ウイングの背面配力筋径を変更して計算実行すると計算結果が不正となる場合があり、これを修正しました。
  • 計算:門形カルバートのストラットのせん断応力度照査において、許容せん断応力度の割り増しが不正の場合があり、これを修正しました。
  • 計算:検討対象=地震時検討の3連ボックスでL2地震時の検討においてハンチ端も照査する場合に、右隔壁ハンチ端の結果が0で表示、出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。
  • ファイル:Ver.15で計算結果を含めて保存したファイルを再計算せずに計算書出力した場合、せん断応力度の照査結果が不正の値で出力される場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.7」
5.00.00 '17.07.03 ■要望対応
  • 入力:部材厚の入力上限値を3.0(m)から5.0(m)に拡張しました。また、2,3連ボックス時の内空幅を20.0(m)から25.0(m)に拡張しました。
  • 入力:「考え方」→「応力度照査」画面→「せん断照査方法」の選択肢について「道示W,土工指針(H21)」の名称を「道示W,土工指針(H21),設計要領(H28)」に変更しました。
  • 計算:「土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計[水路工] 平成26年3月 農林水産省農村振興局整備部設計課監修 (社)農業農村工学会発行」を参考とした検討に対応しました。「初期入力」画面→「計算条件1」→「適用基準」に「土地改良(H26)」を用意しています。また、従来の「土地改良」スイッチは「土地改良(H11)」に変更しました。
  • 計算:単鉄筋構造での最大最小土被り一括計算に対応しました。
  • 計算:門形カルバートで計算モデルが一体の場合に、杭基礎時の杭頭変位量照査に対応しました。「基礎」→「基本」画面に「杭頭変位量照査」スイッチを用意しています。
  • 計算:直接基礎の許容鉛直支持力計算において、寸法効果無視に対応しました。「考え方」→「基本」画面→「許容支持力計算(地盤反力度のとき)」で「道示W」選択時に、「寸法効果を無視」スイッチが表示されます。
  • 計算:丸鋼断面積を有効数字4桁で算出するようにしました。
  • 表示:メイン画面の正面図描画において、門形カルバートの場合は外水位ラインを描画しないよう改善しました。
  • 出力:詳細計算書「1.1 設計条件」→「1.1.# 温度変化」の乾燥収縮に関する説明文を改善しました。
  • 出力:詳細計算書「1.2 荷重」→「1.2.# 死荷重」の荷重図において、内水位による内水圧の描画に対応しました。
  • ヘルプ:「初期入力」画面ヘルプに各適用基準の参考元文献名を記載しました。
  • 図面:CAD製図基準(平成29年3月:国土交通省)に対応しました。「UC-1 Engineer's Suite 図面作成共通ツール Ver.1.0.3」を別途インストールしていただく必要があります。
  • 図面:頂底版スターラップの「J筋」配置に対応しました。

■不具合修正
  • 入力:「初期入力」画面で「分布活荷重自動設定=する」設定されていても、分布活荷重が生成されない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.0」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「検討対象」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「基礎」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門形カルバート」→「基礎」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「BOX上載荷重」−「路面荷重・舗装・盛土」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「断面力の計算データ」−「骨組」−「格点番号および部材番号」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「断面力の計算データ」−「骨組」−「剛域部材長」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「設計断面の照査」−「断面照査位置」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「BOX本体断面方向の計算」−「杭頭結合計算」
5.00.01 '17.07.25 ■不具合修正
  • 出力:「考え方」→「応力度照査」画面→「曲げ照査条件」で『軸力=無視』を選択しても、結果確認画面および詳細計算書の最小鉄筋量照査結果の表示において軸力が0以外で表示される不具合があり、これを修正しました。なお、本件は表示上のみの問題で、実際にはN=0.0として計算しておりますので結果への影響はありません。
  • 出力:門形カルバートで計算モデルが底版分離で底版無しの場合、詳細計算書の「1.1設計条件」→「1.1.#任意荷重」に本来、未入力の「任意死荷重(底版)」の分が出力される場合があり、これを修正しました。
  • 出力:門形カルバートでの詳細計算書の曲げ応力度照査結果表出力において、部位の照査位置全てが外内両側の引張を生じている場合に表がページからはみ出て出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.5.0.0〜」→「Ver.5.0.1」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
5.00.02 '17.08.14 ■不具合修正
  • 計算:杭基礎時の底版支間部の軸力の抽出が不正の場合があり、これを修正しました。
  • 計算:1ケースに含まれる荷重の種類が多い場合に、計算実行時にエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  • 計算:BOX自重の考え方=C図緑色部分の重量を軸線長で除した値を軸線に載荷する(ハンチ重量は側壁に含める)設定時に、地震時慣性力が正しく算出されない不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.5.0.0〜」→「Ver.5.0.2」
5.00.03 '17.10.19 ■要望対応
  • 入力:N値の入力上限値を999.9に拡張しました。

■不具合修正
  • 計算:斜角付きBOXの設計の任意荷重において、集中荷重または線荷重を設定した場合にFRAMEモデルでの載荷位置が不正となる不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:設計調書の出力において、比較表のテンプレートを選択後、「調表作成実行」→「設計調書ファイル選択」画面でファイルを選択するとエラーとなる場合があり、これを修正しました。
  • ヘルプ:「初期入力」画面ヘルプの適用基準=土工指針(H11)および土工指針(H21)の参考元文献名が誤って逆に記載されていたためこれを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.5.0.0〜」→「Ver.5.0.3」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション