Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

便利ソフト情報 ゲームエンジンUnity APPLICATION INFORMATION
2012-No.2

 ■ 最近のゲームエンジンの動向

 従来は、各種プラットフォーム毎に高価なゲームエンジンを用意しなければゲーム開発が行い辛い環境でしたが、安価なゲームエンジンの登場により、初期のゲームエンジンに対する投資を抑えた開発が可能となってきています。また、この流れを受け、ゲームのテクノロジーが産業分野でも応用されるようになっており、建築、医療分野等におけるビジュアリゼーションにも利用されています。

 ここでは、近年ユーザ数を伸ばしている、Unityエンジンについてご紹介します。


 ■ Unity エンジンについて

 Unityエンジンを開発するUnity Technologies社はサンフランシスコに本社を構え、開発拠点がデンマーク、リトアニア、イギリスにあります。日本においても、近年ユーザ数を伸ばしています。

 ゲーム以外の利用用途としては、人体ビューアやカーコンフィギュレータなどとして、産業界での利用も進んでおり、ARシステムを組み込んだものもユーザにより開発されています。facebookなどSNSを利用したユーザサポートも行われています。

 また、カスタマイズ性に優れ、JavaScriptとC#に対応しています。3Dレンダリング機能も豊富に用意されており、レンダリングおよび、プログラミングの基本知識を持ったユーザであれば、高品質なゲーム製作・ビジュアリゼーションを効率的に行うことが可能となっています。

 無償のUnityで基本的なゲーム製作機能が提供されており、誰でも自由にダウンロードしてゲーム製作を開始することができます。また、Unity Proと名づけられた、ハイエンドバージョンも、わずか、1,500USDで手に入れることが可能です。


 ■ マルチプラットフォーム対応

従来の開発環境では、ゲーム機毎に開発エンジンが必要となっていましたが、Unityでは、PC、Mac、iOS、Android、Xboxなどの各種端末用のゲームのビルドが行えます。一部の機能はオプションとして提供されていますが、これらのオプションについても非常に安価に提供されています。


 ■ フォーラムエイトソフトウェアとの連携について

 Unityは基本的にFBXに対応しており、Max、3ds等もサポートしています(Maxの場合は、3ds MaxのAPIを利用するため、3ds Maxのインストールが前提です)。

 そのため、弊社のUC-win/UC-1シリーズからエクスポートされた3dsフォーマットをUnityで利用することも可能です。

 また、VRソフトウェアであるUC-win/Roadにおいては、2012年3月末にサポートされる3dsエクスポート機能を用いて作成したVR空間を丸ごとUnityエンジンに持ち込んで利用できます。これにより、UC-win/Roadで道路構造等のベースの3Dモデルをモデリングし、Unity上で利用することが可能となります。現在のところ対応は未定ですが、シェアメモリ上で3Dモデルをリアルタイムに共有することも技術的に可能です。

 Unityエンジンのベースエンジンは、誰でも無償で気軽に利用できますので、皆様も一度お試しになってはいかがでしょうか。

■開発元 Unity Technologies社:http://unity3d.com/japan/

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
Copyright(C) 2012 Unity Technologies
※社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

     
前ページ    インデックス    次ページ
(Up&Coming '12 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3次元鋼管矢板基礎の設計計算
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
RC断面計算(部分係数法・H29
道示対応) Ver.3
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/17  バーチャルリアリティによる
  道路設計(東京)
10/23  橋梁下部工設計(H29道示)
10/24  2D・3D浸透流解析
10/25  UC-win/Road
  Advanced・VR(名古屋)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション