Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

便利ソフト情報 LibreOffice APPLICATION INFORMATION
2012-No.3

 ■ LibreOfficeとは

 Microsoft Office(以下、MS Office)シリーズのワープロソフトWordと表計算ソフトExcelは、パソコンで使用する代表的なアプリケーションとして普及しています。今回ご紹介するLibreOfficeはMS Office製品と互換性を持ち、自由にダウンロード・使用・再配布ができるフリーソフトです。Windows、Macintosh、Linux を始めとする多くのプラットフォームで動作します。LibreOfficeは文書の作成や表計算、プレゼンテーション等の豊富な機能を備えた下記の6つのアプリケーションから構成されています。

 ・Writer (ワープロソフト)
 ・Calc (表計算ソフト)
 ・Impress (プレゼンテーションソフト)
 ・Draw (ドローソフト)
 ・Base (データベース管理システム)
 ・Math (数式エディタ)


 ■ LibreOfficeの開発まで

 LibreOfficeは米国のサンマイクロシステムズ社が開発したOpenOffice.orgをもとに、2010年にOpenOffice.orgプロジェクトの主要メンバーにより結成されたグループで開発されました。このような経緯から、LibreOfficeはOpenOffice.orgのバージョン番号を引き継いでいます。LibreOfficeはMS Office 97-2003、 2007/2010およびOpenDocument FormatやOffice Open XML形式での読み込み・保存が可能です。OpenDocument Formatは、国際標準化機構(ISO)や日本工業規格(JIS)等の標準規格で認定されており、複数のXMLファイルをZIP形式でデータ圧縮したファイルです。

 Office Open XMLは、Microsoft社がOpenDocument Formatに対抗して提案している共通ファイルフォーマットで拡張子が.docx、.xlsx、.pptx等のファイルです。このファイル形式に対応しているフリーソフトは未だ少ないようです。

 LibreOfficeは公式日本語HP(http://ja.libreoffice.org/)からダウンロードできます。Windows版LibreOfficeの最新バージョンはVer.3.5.4です。


 ■ Microsoft Officeとの互換性

 よく使用されるMS OfficeシリーズWord、Excel、Powerpointで作成したデータ(doc、docx、xls、xlsx、ppt、pptx)をLibreOfficeで読み込んでみると、コンテンツ表示もMS Officeとほぼ変わることなく、文字化けやエラーなども生じませんでした。画面構成はMS Officeよりシンプルですが、基本機能はほぼ同等に装備されており、MS Officeを使用した経験があれば問題なく使用できると思われます。Wordの文書校正機能やExcelの特殊な関数には未対応のようですが、通常の使用に支障はないでしょう。

 今回はLibreOfficeについてごく簡単な紹介を行いましたが、当社でも活用している本ソフトウエアについて、最低限必要と考えられる関連情報知識とアプリケーションの使用方法を学ぶことができる入門書を本年9月に出版する予定です。付録DVDには電子書籍版およびサンプルファイルの収録を予定しており、最小限知っておきたいITリテラシとアプリケーション活用をわかりやすく学べる速習書として提供したいと考えています。

■開発元 The Document Foundation:http://www.documentfoundation.org/

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 ▲LibreOffice 日本語ページ    ▲LibreOffice 起動画面

 フォーラムエイトパブリッシングより入門書出版予定!(2012年9月)

※社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

     
前ページ    インデックス    次ページ
(Up&Coming '12 夏の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/26  斜面の安定計算
10/3  土留め工の性能設計計算
 体験
10/4  レジリエンスデザイン・BIM系
 解析支援体験
10/5  地盤の動的有効応力解析
 (UWLC)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション