Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 Multiframe 総合情報 Vol.29

3次元骨組構造解析プログラムMultiframeでは、入力断面としてJIS規格の鋼材断面が標準で登録されている他、ユーザ任意の断面を使用することもできます。計算後、鋼構造設計規準(日本建築学会)に準拠した断面算定を行うことができます(オプション)。また、Ver.12から平板要素を用いた立体解析をサポートしています。


 Multiframe 新機能トピックス

ここでは、サポート窓口にお寄せいただいたご質問とその回答をご紹介いたします。

Q1. Multiframe のver15 をインストール後起動させると、毎回「セクションライブラリを指定下さい」。というメッセージが表示されます。Multiframe のインストール先フォルダにはセクションライブラリファイルが保存されていますが、対処方法を教えて下さい。

A1. どのバージョンからか明確ではありませんが、Multiframe 起動時にデフォルトで開くセクションライブラリファイルの保存先が変更されています。Windows 7 の場合、以下のディレクトリにセクションライブラリファイルを保存する事により解消出来ます。
「C:\Users\Public\Documents\Multiframe\Multiframe15」
Multiframe Advanceをご使用の方は、同じディレクトリ内にロードライブラリファイルも保存する事により、常に同じロードライブラリファイルを開くように出来ます。



Q2.Multiframe のプロットウィンドウで、モーメント図やせん断力図などが着色されていますが、線図として表示させる事は出来ませんか。

A2. 可能です。次の方法をお試し下さい。「編集メニュー|環境設定|表示設定」を開き、「図形|線で表示」を選択します。この場合、線の色はデフォルトの物がそのまま反映されます。線の色を変更したい場合は、「表示メニュー|プロットカラー」より該当する項目を選択して任意に変更する事が出来ます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図1 環境設定 ■図2 プロットウィンドウ(Mz’,Vz’図)



Q3.Multiframe で、一つのファイルに複数の構造系のモデルを作成して計算する事は出来ますか。

A3.Multiframe では、モデル空間上で一つでも独立した部材が存在すると計算が出来ません(図3 参照)。パラメトリックを少しずつ変えたケースを一つのファイルで計算させたい様な場合は、何らかの仮想部材で繋いでおく必要があります(図4 参照)。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3  独立している構造系(計算実行時エラー) ■図4 仮想部材にて接続(荷重図)

ただし、仮想部材は計算に影響を与えないようにする事が必要となります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図5 仮想部材にて接続(Mz’図)


 有償セミナー

Multiframeのユーザの方を対象に、有償セミナーを開催しています。
1日の講習で、1人1台のパソコンを使用した操作実習形式です。Multiframe、Section Makerのプログラム概要から、操作手順について、実務に即活かせる内容を1日で習得できるよう解説いたします。

 3次元構造解析セミナー CPD
●開催日 : 2013年 5月9日(金)9:30〜16:30
●本会場 : フォーラムエイト東京本社GTタワーセミナールーム
 ※TV会議システムにて 東京・大阪・名古屋・福岡・仙台にて同時開催
●参加費 : 1名様 \18,000 (税別) 

Multiframe 開発元: Formation Design Systems(現ベントレー・システムズ)オーストラリア フリーマントル市
■Multiframe Ver.14 日本語版 2012年2月リリース済み

     
前ページ    インデックス    次ページ
(Up&Coming '13 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
メイワスカイサポート
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveレポート






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
深礎フレームの設計・3D配筋
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
ラーメン式橋台の設計計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4

キャンペーン実施中
新道路橋示方書対応リバイバル
UC-win/Road Ver.13リリース
記念
UC-1 Engineer's Suite積算
新バージョンリリース
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
1/23  3D配筋CAD体験
1/24  大型土のう/補強土壁の
 設計体験
1/25  UC-win/Road・VR 沖縄
1/25  バーチャルリアリティによる
 道路設計

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション