Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 xpswmm 総合情報 Vol.36

 xpswmm2014 新機能の活用

今年もxpswmm2014がリリースされました。新機能の追加だけでなく、既存機能の利便性向上を目的とした改訂も多く盛り込まれています。それでは、xpswmm2014の主な新機能についてご紹介いたします。主な改訂内容は以下の通りです。
  • リバーリンクと河川域レイヤー
  • 汚水管渠解析
  • 解析結果の改善
  • xp2D ポスト処理ツール
  • ユーザ定義の危険基準
  • 1D/2Dインターフェースライン縦断図面
  • HEC-RASインポートの強化

 リバーリンクと河川域レイヤー

リバーリンクは、自然河川のモデルを直接入力することができる機能です。これまで、自然河川を入力するためには、リンクを設置して自然河川の設定を別途行わなければなりませんでしたが、入力作業を水路管底と断面図の入力に絞ることで入力手順を短縮しました。また、各リバーリンクは、ノードやリンクのような1Dネットワークを構成する要素の1つとして後述の河川域レイヤーにて管理することができます。
リバーリンクレイヤーは、リバーリンクを管理するレイヤーとしてレイヤーコントロールパネルに追加されました。ラベルや強調表示のON/OFF、リンクとリバーリンクの相互変換をすることが可能です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 
■図1 リバーリンク ■図2 リバーリンクレイヤー

 汚水管渠解析

2014では、汚水管渠解析に関する機能を強化しました。その改訂内容は、晴天時流量の複数指定、新しい入力フィールド(設置年数や区域など)の追加、汚水モードに関係ない要素の固定、デフォルト値の調整(湛水条件など)、xpテーブルに汚水関係のテーブルの追加など、細かい改訂を含めると30以上にも及びます。その中でも新しく入力画面が追加された新しい入力フィールドを図3にて紹介します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3 新しい入力フィールド(全解析共通) ■図4 晴天時流量の複数指定
(汚水解析のみ)

 XP2D ユーティリティインターフェース

XP2Dユーティリティーインターフェースは、2D結果データに対し、DatやXMDFファイルに変換する機能と、GISファイルに変換する機能と、2つの結果の違いをGISフォーマットへ出力する機能を持っています。2D結果の違いをGISフォーマットへの出力が可能になったことにより、結果を比較した資料やデータの作成が容易になりました。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図5 XP2Dユーティリティーインターフェース

 ユーザ定義の危険基準

水深、流速、瓦礫要素を使用し、ユーザが定義したハザード計算を行うことが可能になりました。この機能により、他社ツールや外部計算機能に依存する必要がなくなりました。瓦礫要素は、2014で新たに追加された要素で、地表面流に含まれる瓦礫などの浮遊物の量を示す係数です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図6 ユーザ定義の危険基準

 EC-RAS インポートの強化

HEC-RASモデルの橋梁とカルバートについて、それぞれxpswmmのデータとしてインポートできるようになりました。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図7 1D/2Dインターフェースライン縦断図

 EC-RAS インポートの強化

HEC-RASモデルの橋梁とカルバートについて、それぞれxpswmmのデータとしてインポートできるようになりました。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図8 ブリッジリンク

 ブレークラインの拡張

ブレークラインについて、2Dだけでなく3Dでモデル化できるようになりました。既存の2Dは高さの情報のみでしたが、今回追加された3Dに関しては、断面情報を追加することができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図9 3Dブレークラインの入力画面

 解析結果の改善

複数の降雨データやシナリオを用いたシミュレーションにおいてHGL(Hydraulic grade line:動水勾配線)の比較をするためには、シナリオやデータを切り替えて結果を表示しなければなりませんでしたが、今回の改訂により複数のシナリオのHGLを同時に表示することが可能になりました。これにより解析結果の比較が容易になりました。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図10 複数のシナリオのHGLを表示

 おわりに

近々に、弊社にて翻訳を行い、日本語版をリリースいたしますので、ご期待ください。また、これまでxpswmmに「Getting Started Manual」というスタートマニュアルが同梱されておりましたが、すべて英語で書かれており、日本語のマニュアルを切望するお声を多数頂いておりました。そこで、xpswmm2014日本語版から「Getting Started Manual」の日本語版を同梱いたします。併せてご期待ください。


 浸水氾濫津波解析セミナー  Webセミナー対応
●開催日 : 2014年8月1日(金)9:30〜16:30
●本会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
 ※TV会議システムにて東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・金沢 にて同時開催
●参加費: 1名様 \18,000 (税別)

     
前ページ    インデックス    次ページ
(Up&Coming '14 盛夏の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)
12/19  配水池・揚排水機場の設計
12/20  線形最適化OHPASS体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション