Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

新製品紹介

●基礎の設計計算Ver.5杭基礎の設計 Ver.5
 今回のバージョンでは主に以下の項目に対応しました。

●軸力変動を考慮した杭基礎レベル2地震時照査
 「道路橋示方書・同解説W下部構造編(H.14.3)(社)日本道路協会」12.10.4では、杭体の曲げモーメント〜曲率関係は杭体に作用する軸力により変化するため、本来、杭基礎に作用する水平力の変化に伴って変化する杭頭での反力を用いて、適宜、曲げモーメント〜曲率関係を修正する必要があるとしながらも、計算の簡略化のため、
・コンクリート杭(場所打ち杭,PHC杭,SC杭,RC杭)においては,杭群図心位置から押込み側の杭では死荷重時反力,引抜き側の杭では軸力を零
・鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭では、死荷重時反力
を軸力として算出した曲げモーメント〜曲率関係を用いてよいとあります。
本プログラムでは、従来、上記の軸力により算出した曲げモーメント〜曲率関係を用いて杭基礎レベル2地震時照査を行っていましたが、本バージョンにおいて、荷重増分法計算のステップごとに杭頭反力を軸力とした曲げモーメント〜曲率関係を再定義し、より厳密に杭体の曲げ剛性を評価した照査方法を追加しました。これにより、杭基礎全体の挙動をより正確に把握することが可能と考えられます。

●H形鋼杭(許容応力度法)
 本プログラムでは、任意杭として、杭体の断面2次モーメント,前面幅等を設定することにより、道路橋示方書に規定されていない様々な杭種の安定計算・杭体断面力計算が可能で、H形鋼杭の場合もこの機能を用いてご検討いただいておりましたが、計算方向ごとに断面2次モーメントが異なるためデータファイルを分ける必要があり、本件について多数のご要望をいただいておりました。今回、杭種にH形鋼杭を追加し、2方向の安定計算および杭体許容応力度法照査に対応しました。

●今後の予定
 本プログラムでは、2006年3月末までに以下の対応を予定しております。
また、今後もユーザ様からのご要望を取り入れ、様々な改良・改善を加えてまいります。
  ・根入れの浅いケーソン基礎の設計
  ・鋼管矢板基礎:頂版打設後の仮締切り検討
  ・杭基礎:mm単位による層厚の指定


▲杭配置入力画面 ▲結果確認画面


基礎の設計計算 Ver.5杭基礎の設計 Ver.5 リリース予定日:2005年12月

 
●橋脚の設計 Ver.4
 Ver.4では、「既設橋梁の耐震補強工法事例集(H.17.4)(財)海洋架橋・橋梁調査会」への対応を含め、主に既設検討および補強設計機能の強化を行っています。また、従来の「既設道路橋の耐震補強に関する参考資料(H.9.8)(社)日本道路協会」につきましても設定の拡張を行います。

●既設橋脚の検討
 段落し部の曲げ、せん断耐力照査
橋脚の応答塑性率が1.0を下回る(弾性範囲)場合、段落し部に作用する応答曲げモーメントまたは応答せん断力による耐力照査を行います。

●鋼板巻立て補強
(1)小判形柱におけるアンカー筋の設置
   アンカー筋を配置したモデルの検討を行います。計算の方法は基本的に矩形柱の場合に準じています。
(2)段落し部のみの曲げ、せん断補強
   段落し部の補強を目的としている場合、補強後段落し部の応答曲げモーメント、応答せん断力に対する照査を行います。
(3)中間貫通鋼材の配置に対応
   基本的に鋼板併用RC巻立て補強工法の考え方に準じて、中間貫通鋼材を横拘束筋、斜引張鉄筋として考慮することが可能です。
(4)スタッドジベルの必要本数計算
   円形鋼板による下端拘束を行う場合、設置したアンカー筋に応じた、スタッドジベルの必要本数を算定します。

●連続繊維巻立て補強
 せん断破壊型としての段落し部補強
せん断破壊型として、段落し部の補強を行う場合、必要巻立て枚数を応答せん断力より求めます。

●既設、補強共通
 ディープビーム効果を考慮したせん断耐力の計算
せん断スパン比が2.5以下の場合、ディープビーム効果を考慮し、せん断耐力の算定に割増し(Cdc)・低減係数(Cds)を考慮できます。

▲結果確認画面 ▲RC巻立て補強例

橋脚の設計 Ver.4 リリース予定日:2006年1月末

(Up&Coming '06 新春特別号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3次元鋼管矢板基礎の設計計算
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
RC断面計算(部分係数法・H29
道示対応) Ver.3
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/17  バーチャルリアリティによる
  道路設計(東京)
10/23  橋梁下部工設計(H29道示)
10/24  2D・3D浸透流解析
10/25  UC-win/Road
  Advanced・VR(名古屋)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション