Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

新製品紹介

橋梁点検支援システム 維持管理シリーズ

●はじめに
 近年、道路橋マネジメントとしての「維持管理」が重要視され、橋梁点検業務のシステム化需要が高まっています。本システムは、調査設計の専門会社との共同開発により、提供を予定している製品です。「橋梁定期点検要領(案)(平成16年3月)国土交通省道路局国道・防災課」に準じ、定期点検業務での近接目視による損傷状況の把握、対策区分の判定、及びそれらの結果を記録するまでの作業を、効率よく行うことが出来ます。
●適用構造と主な機能
1)適用構造
・上部構造:鋼、コンクリートの鈑桁、箱桁橋(トラス、アーチ、斜長橋)、構造体数最大20/支間数最大数20、斜角考慮
・下部構造:独立柱、T型、Y型、壁式、ラーメン形式の橋脚、橋台、基礎

2)主な機能
・対話型画面による寸法・形式の選択、入力操作
・2次元汎用CADをベースに開発していますので、生成された図面を汎用CAD上で修正可能
・3D形状ビューア機能
・写真管理ツール

3)出力
・径間別一般図の自動作画(点検調書(その2))
・現地状況写真印刷(点検調書(その3))
・要素・部材番号図面の自動作画(点検調書(その4))
・桁下面図、橋面図、下部構造展開図面の自動作画
・損傷パターン・旗揚げの作画機能と損傷図面の出力(点検調書(その5))
・写真管理機能(属性情報付加)と損傷写真印刷(点検調書(その6))
・損傷程度の評価記入表印刷(点検調書(その7、8))
・損傷一覧、損傷写真ファイル一覧などの点検情報をCSV形式に出力可能。
・図面は直接印刷の他、DXF、DWG、SXF、SFC、JWW、JWC等のファイルへ出力可能
  


●適用範囲
 本システムでは、以下の範囲の作業を行います。(青色部)

   ▲図1

●点検準備工
1)点検記録の下地となり、橋梁を構成する部材の要素番号、及び部材番号を設定し、径間毎の図面を作成します。(図5)
2)点検現場に持参し、目視にて確認した損傷状況を記録するための展開図を作画します。

●点検結果の整理
1)点検現場で展開図に記入した損傷状況を、CAD図面上に記録します。
  損傷種類を選択し、スケッチ間隔で損傷の範囲・形状を作画できます。(図2)
2)損傷パターンに関する損傷情報を旗揚げとして作画します。
  (図3)損傷の種類を選択し、一般的状況から判断される損傷程度の評価区分を指定して、旗揚げに記述の損傷情報となります。
  (図6)写真番号は、写真管理ツールをリンクして起動し、イメージで選択し設定する事が可能です。

参考 : 部位・部材による損傷の種類:要領(案)表−4.2.1 から表示
     損傷程度の評価 :要領(案)付録−1損傷評価基準 から選択


▲図2

▲図3

●写真管理ソフト (図7)
1)現場で撮影した写真ファイルをインポートし、写真ファイルの管理と点検調書(その6)の印刷を行います。
2)属性情報は直接入力するか、損傷旗揚げとリンクすることで損傷図からの自動設定が可能です
3)要素記号順での写真番号自動設定機能があります。

●画面サンプル

▲図4 対話型による構造データの選択・入力

▲図5 要素・部材番号図の自動作画


▲図6 損傷パターンと損傷旗揚げの記入


▲図7 写真管理機能

■参考文献
 ・道路橋マネジメントの手引き 平成16年8月 (財)海洋架橋・橋梁調査会
 ・橋梁定期点検要領(案) 平成16年3月 国土交通省道路局国道・防災課

UC-win/UC-1ユーザ協議会 〜第5回UC-win/FRAME(3D)協議会 FORUM8デザインコンファランス〜
2007年 9月 27日(木) 東京本社 東京コンファレンスセンター・品川
  技術セッション : 維持管理・リスク解析
    ●特別講演 : 「地震リスクマネジメントの現状と課題」 武蔵工業大学工学部 吉川 弘道 教授
    ●開発者講演 : 「橋梁点検支援システムの開発について」

    詳 細


■橋梁点検支援システム リリース予定日:2007年10月初旬

(Up&Coming '07 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/12  UC-win/Road DS体験
12/13  UC-BRIDGE(分割施工
 対応)(部分係数法・
 H29道示対応)新製品体験
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション