Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

●Maxsurf 総合情報 Vol.4  

●SEA JAPAN 2008への出展

 4月9日から11日にかけて、東京ビッグサイトにて国内最大の国際海事展が開催され、弊社はMaxsurfの展示を行いました。SEA JAPANへの出展は今回が初めてでしたが、セミナーによる新機能紹介も行ない、多くの方々の御来場をいただきました。

●V13の新機能紹介

TriMeshによる簡易モデリング機能
 TriMeshサーフェイスは三角形からなる線型サーフェイスで、NURBSではなくセクションデータのみがあるような船型の分析に使うことができます。その目的は、Maxsurfモジュールの、Hydromax、Hullspeed、Seakeeperといったアプリケーションを使った種々の解析を素早く行なうことです。Hydromaxでは排水量、復原性、タンク定義、といった分析を、Hullspeedでは船体抵抗、Seakeeperでは船体動揺の解析を行いますが、NURBSによる高精度のモデルを使う前の段階の試計算を行いたい場合にTriMeshを利用することが出来ます。
 NURBSによる3Dモデリングは非常に高い精度を持つため、船型線図(ラインズプラン)の段階で、最終的な外板展開用の形状を決めることができ、下流処理に従ってフェアリングを繰り返すといった作業を省いています。MaxsurfはこのNURBSを100%使うことにより、船舶設計の合理化を実現しますが、基本設計の段階に行なわれる各種解析では、NURBSのそこまでの精度を必要としない場合もあり、その部分にTriMeshが利用されるのです。
 三角形の集合体により曲面を近似するTriMeshは、与えられた点列に対して、短時間に近似形状を作ることができ、その精度は点列の数に依存します。Maxsurfでは、マーカー機能を使いTriMeshサーフェイスを作ります。マーカーの各点がTriMeshの各接点となるのです。
 TriMeshを生成するためのマーカーは、いろいろなデータソースから持ってくることが考えられます。船型線図、オフセット表、レーザースキャンデータ等がこれにあたります。
 Maxsurfには、以前より、与えられた点情報を元に、NURBSサーフェイスを自動的に生成するPrefitというオプション機能がありますが、この機能はNURBSを使うため、高精度なモデリングを可能とする代わりに、時間が掛かります。ですから、下流の作業まで見据えたモデリングではPrefitを、初期的分析を素早く行なうためにはTriMeshフィッティングを、といった使い分けを行なうことが可能なのです。


Maxsurf体験セミナー  詳細

 ●時間 13:30 〜 16:30  ●参加費 無料
   2008年6月19日(木)、10月16日(木)
  本会場:フォーラムエイト東京本社 GTタワーセミナールーム  TV会議システムにて 東京・大阪・名古屋・福岡にて同時開催

開発元:Formation Design Systems:フォーメーション デザイン システムズ
■Maxsurf v13.0 日本語版 リリース予定日:未定


  
前ページ    インデックス 次ページ
(Up&Coming '08 新緑の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3次元鋼管矢板基礎の設計計算
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
RC断面計算(部分係数法・H29
道示対応) Ver.3
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/17  バーチャルリアリティによる
  道路設計(東京)
10/23  橋梁下部工設計(H29道示)
10/24  2D・3D浸透流解析
10/25  UC-win/Road
  Advanced・VR(名古屋)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション