Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '13.06.06 新規リリース。
1.00.00 '13.06.19 Ver.1.00.00再リリース版
  • UC-1 for SaaS基本ライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
  • NetUpdate のライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
1.00.01 '13.07.17 ■要望対応
(1)図面
  • 操作台の管理橋受け台形状を拡張( 凸形、北海道開発局形状に対応)しました。
  • コンクリート型枠数量計算を改善(函体と胸壁・翼壁の接合面型枠数量の重複計上を改善)しました。
  • しゃ水工の「可とう鋼矢板」配置に対応しました。
  • しゃ水工の鋼矢板天端位置の任意設定に対応しました。
  • しゃ水工の鋼矢板天端部の底版凸形状に対応し、凸部コンクリート数量を本体側に計上するように改善しました。
  • しゃ水工の鋼矢板情報の保存/読込に対応しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−柔→剛切替時の堤防盛土を任意荷重に自動変換する際に函体設置範囲内に盛土開始、終了座標を設けているモデルにて左右両端の荷重を正しく変換していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−1スパン、1ブロック(左端)の函体寸法にΔYを指定しているモデルにて門柱・胸壁入力画面の門柱・左右胸壁ボタン挿入時のモーメントの値が間違っている現象を修正しました。
  • 門柱−鉄筋(レベル2)入力画面の主鉄筋タブ−左柱/右柱タブ内の左柱/右柱へデータをコピー実行時に詳細入力データをコピーしていなかった現象を修正しました。
  • 胸壁−適用基準を切り替えた場合に材料入力画面の土タブ内の残留強度の値が間違っている現象を修正しました。
(2)計算
  • 胸壁−背面土砂形状の1段目がL=0,B=0のモデルにおいて慣性力の作用位置が間違っていた現象を修正しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−翼壁一体化のモデルでかつ斜層のモデルにおいて右側翼壁のEomに出力する地層情報が間違っている現象を修正しました。
  • 本体縦方向−函体の右端部が0.0に近いモデルにおいてFRAME荷重図プレビュー実行時に強制終了する現象を修正しました。
  • 本体縦方向−複数スパンのモデル及び、翼壁一体化のモデルにおいてFRAME荷重図が正しく出力しない現象を修正しました。
  • 本体縦方向−盛土情報を入力していないモデル(堤防盛土、任意盛土未入力)においてレベル2の設計条件出力書式に堤防盛土、任意盛土を出力する現象を修正しました。
  • 門柱、胸壁−本体縦方向の函体寸法にΔYを入力しているモデルにおいて連動荷重の作用位置Yの値が間違って出力している現象を修正しました。
  • 胸壁−常時と地震時の合計ケース数が6ケース以上出力するモデルにおいてメモリエラーが発生する現象を修正しました。
  • 翼壁−逆T型、U型堤防保護部の設計条件−照査条件に出力しているかかと版の曲げモーメントの扱いスイッチの出力書式が枠線から食み出す現象を修正しました。
(4)ヘルプ
  • 門柱−鉄筋(レベル2)の左柱/右柱のガイド図が間違えている現象を修正しました。
(5)その他
  • メイン画面−メインメニュ−ファイルのアイコンの割付がおかしい現象を修正しました。
  • サンプルデータ−本体縦方向−しゃ水鋼矢板の周長をしゃ水鋼矢板設置箇所の函体断面寸法×2の値に修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.7.0.X」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「基本条件(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「形状寸法(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「材料(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「材料(翼壁)」
  • 「Q&A」
1.00.02 '13.09.10 ■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−柔→剛切替時の堤防盛土を任意荷重に自動変換する際に頂版なし(頂版厚=0)のモデル、堤防盛土が地表面より下側に設置しているモデルにおいて正しく任意荷重を生成していない現象を修正しました。
  • 門柱−管理橋なしのモデルを指定した場合に荷重(レベル2)の上部工/支承スイッチの状態が保持できない現象を修正しました。
  • 翼壁−断面照査適用基準に道路橋示方書 W下部構造編を指定している場合、材料のたて壁(堤防保護部)と底版(堤防保護部)のヤング係数比と線膨張係数の値を正しく保持できない現象を修正しました。
(2)計算
  • 門柱−側面のみに管理橋を設置したモデルにて側面管理橋反力(死)を載荷しない現象を修正しました(正面管理橋反力(死)の入力が0.0指定時のモデルで発生します)。
  • 門柱−縦方向における最小鉄筋量算出時のAcの値を正しく計算していなかった現象を修正しました。
(3)表示、出力
  • 本体縦方向−左右寸法変化のモデルにて側面図右側の寸法線の数値を間違って値を表示、出力していた現象を修正しました。
(4)結果確認、出力
  • 本体縦方向−均しコンクリート厚を指定したモデルにて圧密沈下量の床付け面より下側の層情報が間違っている現象を修正しました。
(5)出力
  • 本体縦方向−沈下量直接入力時のモデルにて沈下量算出点位置図に出力している入力番号を間違った位置に出力している現象を修正しました。
  • 本体縦方向−常時組合せケース数>地震時組合せケース数のモデルにて応力度一覧表出力書式の地震時ケースに不要な結果を出力していた現象を修正しました。
  • 門柱−応力度一覧表の出力書式に出力している最小鉄筋量(数値出力)の罫線を正しく出力していなかった現象を修正しました。
  • 胸壁−川表胸壁の連動荷重詳細出力書式のモーメント算出時のYを誤って川裏胸壁の函体断面諸元の計算スイッチを用いて計算していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「Q&A」→「門柱の設計(Q&A)」
  • 「サポート」→「ご購入についてのお問い合わせ」
1.01.00 '13.10.11 ■要望対応
(1)入力
  • 門柱−レベル2の荷重の入力下限値を変更しました(0.0入力可)。
(2)入力、計算
  • 本体縦方向−地盤反力係数を函体のスパン長を選択してモデル時に計算に用いる底版幅Dについてスパン全面積をスパン長で除した値を指定できるように対応しました。
  • 本体縦方向−斜層モデル時のEom算出時の地層データを生成する範囲にスパン長および、ブロック長を指定できるように対応しました。
  • 本体縦方向−地盤反力係数を計算する際に用いる断面諸元に函体の張り出し寸法を含むか否かの指定できるように対応しました。
  • 本体縦方向−地盤変形係数を計算する際に用いる断面諸元に函体の張り出し寸法を含むか否かの指定できるように対応しました。
  • 本体縦方向−レベル2解析時の上限値(函体上面の鉛直土圧、函体下面の極限支持力、周面摩擦力)を計算に用いる底版幅について張り出し寸法を含むか否かの指定できるように対応しました。
  • 本体横方向−舗装厚の入力、計算に対応しました。
  • 門柱−巻き上げ荷重の常時、地震時の入力、計算に対応しました。
  • 門柱−柱断面@、Aについて別々に斜引張鉄筋の入力、計算に対応しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−剛支持モデルの断面力図の出力順番を柔支持モデルと同じ順番にしました。
  • 胸壁、翼壁−出力書式の通番を統一しました。
(4)その他
  • 本体横方向−鉄筋入力画面および、ヘルプに主鉄筋タブの配筋表入力内の下段入力時の説明を記述しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−任意荷重が未入力の状態時に任意荷重入力画面を開くとフリーズする問題を修正しました。
  • 本体縦方向−頂版・底版入力画面の斜引張鉄筋タブを開き、2D図でスパン、ブロックを切り替えるとエラーメッセージを表示する問題を修正しました。
(2)出力
  • 翼壁−軸力を無視するモデルにて一覧表出力書式を正しく出力していない問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「材料(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「盛土形状(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「鉄筋(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重(門柱)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「多層地盤の換算変形係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「鉛直方向地盤反力」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「鉛直方向の地盤反力係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「鉛直方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「水平方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「上載荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「浮力考慮時の水圧」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「浮力と地盤反力度」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「鉛直土圧」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「水平土圧」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「横方向解析」→「FRAME解析モデル」
  • 「Q&A」→「本体縦方向(Q&A)」
  • 「Q&A」→「本体横方向(Q&A)」
1.01.01 '13.11.12 ■要望対応
(1)表示、出力
  • 本体縦方向−RC巻き立て函体の寸法線表示方法を改善しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−柔支持モデルで沈下量計算前に剛支持モデルへ切り替えると配筋が入力できない状態となる現象を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−兀を指定しているモデルにてEom算出時の地層データが間違っている現象を修正しました。
  • 翼壁−川裏の堤防保護部の応力度計算時に誤って川表の基本条件入力画面の断面照査適用基準(最小鉄筋量、せん断応力度関係)計算スイッチを用いている現象を修正しました。
(3)結果確認、一覧表出力
  • 門柱−応力度計算結果確認画面の総括表に抽出する荷重ケースが間違っている現象を修正しました(操作台の左隅角部がNGの場合)。
(4)出力
  • 本体縦方向−FRAME荷重の地盤変位側方変位図の荷重の方向が左右逆に出力している現象を修正しました。
  • 門柱−横方向操作台の応力度出力書式の最小鉄筋量(記号req)をminと出力していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏) の設計」→「逆T翼壁・堤防保護部」→「安定計算」→「安定計算」
1.01.02 '14.01.09 ■要望対応
(1)ヘルプ
  • 分割ピッチの入力ができない状態をヘルプに記載しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 門柱−鉄筋入力画面にて確定ボタン選択時に1段配筋モデル時の場合に不要な2段目のデータチェックを行っていた現象を修正しました。
  • 胸壁−考え方入力画面の基本タブ内−本体縦方向計算 連動荷重の取り扱い「背面水重地震時慣性力」の文字を「地震時鉛直力」と間違えていた現象を修正しました。
(2)計算
  • 門柱−縦方向の常時を計算していないモデルにて縦方向の地震時の荷重ケースを正しく抽出していなかった現象を修正しました。
  • 門柱、胸壁−連動荷重を計算する際に標準函体設置位置(ΔY)を考慮していた現象を修正しました(標準函体とは本体縦方向の考え方入力画面−基本タブの地盤の変形係数(Eom)算出時の深さ基準位置で指定した函体位置です)。
  • 翼壁−U型地震時の受働側静止土圧を正しく計算していなかった現象を修正しました(土圧の計算方法が常時は静止土圧、地震時は受働土圧を指定してかつ、地震時受働側土圧式を常時静止土圧を指定しかつ、水位以下の見かけの震度の算定方法が水位面以下では水位ピッチ毎に算定(1)、(2)を指定しているモデル)。
(3)出力
  • 本体縦方向−沈下量を直接入力するモデルにて不要な分割ピッチの入力値を設計条件の出力書式に出力していた現象を修正しました。
  • 本体横方向−舗装厚を入力しているモデルにて設計書の死荷重(荷重図)に出力する側壁載荷位置(土圧)が、舗装厚分ずれて出力している現象を修正しました。
(4)ヘルプ
  • 本体縦方向−荷重(レベル2)のしゃ水壁のα・Eoの説明が漏れている現象を修正しました。
  • 門柱−支承の水平方向位置を鉛直方向位置と間違えている現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「スパン・ブロック」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「荷重(レベル2)(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重レベル2(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「計算方法」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向 連動荷重」→「本体縦方向 連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「本体縦方向 連動荷重」→「本体縦方向 連動荷重」
  • 「Q&A」→「本体縦方向(Q&A)」
1.01.03 '14.03.06 ■要望対応
(1)入力、計算、出力、ヘルプ
  • 本体縦方向−考え方入力画面の基本タブに「柔支持における函体と基礎地盤の相対剛性」スイッチ(自動設定/函体を弾性梁/函体を剛体)を設け、FRAME計算に反映するように対応しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−柔→剛における盛土荷重を任意荷重に生成する際に埋め戻し土をダブルカウントしている現象を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−Eom算出時の層データが間違っていた現象を修正しました(1層目に床付け面を設置してΔYを指定したモデルに発生します)。
  • 本体縦方向−斜層時のモデルにて最終ブロックの部材バネが0.0と算出される現象を修正しました(最終スパンが複数ブロックで構成されているモデル時に発生します)。
  • 本体縦方向−L1(許容応力度法)のFRAME生成時に正しい位置にしゃ水鋼矢板データを設置していなかった現象を修正しました(堤防盛土入力画面の盛土基準点から函体左端までの距離が0.0以外に指定しているモデル時に発生します)。
(3)表示
  • 翼壁−2D,3Dに表示している右側翼壁設置位置を間違っていた現象を修正しました(1スパンのモデル時に発生する場合があります)。
(4)出力
  • 本体縦方向−設計条件に出力している必要鉄筋量4/3と比較スイッチを常に考慮すると出力していた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2の設計条件(堤体図)に堤防盛土を出力していなかった現象を修正しました(沈下量を直接入力するモデル時に発生します)。
  • 本体縦方向−レベル2のしゃ水壁荷重に出力している項目名称の体積を面積と出力していた現象を修正しました。
  • 門柱−L1(許容応力度法)の横方向の計算−FRAME荷重図(操作台の慣性力)に出力する矢印の方向が間違っている現象を修正しました。
  • 門柱−L2横方向の設計水平震度−骨組モデルの格点(表)が乱れるモデルがあり、この現象を修正しました。
(5)ヘルプ
  • 本体縦方向−考え方入力画面の説明に胸壁とのダブルカウントについての回避方法についてQ&Aの内容と異なっていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「断面力及び変位の計算」→「FRAME解析モデル」
1.01.04 '14.05.12 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver7.1.4と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−考え方入力画面を改善しました。
  • 翼壁−逆T翼壁の考え方入力画面の水叩きの長さLを水叩きの幅Bに入力名称を変更しました(形状寸法入力画面にも水叩きの幅Bについて追加しています)。
(2)ヘルプ
  • 本体縦方向−柔→剛切替時の任意盛土荷重→任意荷重自動生成に任意荷重初期化スイッチの説明を記述しました。

■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−円管函体、PC函体モデルにおいて断面照査適用基準を道路橋示方書 W下部構造物編を指定している場合に材料入力画面の適用基準スイッチが指定されていない現象を修正しました。
  • 本体縦方向−新規入力時に鉄筋(レベル2)入力画面においてスパン・ブロックを切り替えると詳細データを生成しない現象を修正しました。
  • 門柱−鉄筋(レベル2)入力画面において柱G鉄筋を詳細入力を行なった場合に確定時に入力データチェックメッセージを表示する現象を修正しました。
  • 胸壁−荷重入力画面の本体の計算からの取得ボタンを選択すると地震時の地盤反力度にNANを設定する現象を修正しました(本体縦方向の組合せ荷重入力画面の地震時ケースに胸壁・門柱連動荷重を指定していないモデル時に発生します)。
(2)計算
  • 本体縦方向−函体寸法張り出し幅B<>0、Y4=0のモデルにおいて相対変位量照査時の函体幅に張り出し幅を考慮していた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−翼壁一体化モデルにおいて左側に翼壁を設置している場合にFRAMEに載荷するしゃ水壁の自重が間違っている現象を修正しました。
  • 門柱−レベル2横方向解析時に塑性化が同時に複数個所で発生した場合にエラーが発生する現象を修正しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−斜層のモデルにおいて設計条件に不要な計算スイッチを出力していた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−死荷重(自重)に出力しているしゃ水壁の単位が間違っている現象を修正しました。
  • 本体縦方向−RC巻立函体のモデルにおいて死荷重(自重)に出力しているしゃ水壁の出力書式及び数値、寸法線の値が間違っている現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土、任意盛土荷重→任意荷重自動生成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「形状寸法(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「浮上がり検討照査」→「浮上がり検討照査」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「門柱の設計(Q&A)」
1.01.05 '14.07.14 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver7.1.5と同等の機能を有しています。

■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−水位・土質入力画面のパラメータタブ内のEsm算出用載荷幅BとEsm算出用載荷奥行Lを同値で入力した後に確定キーを選択すると入力データエラーメッセージを表示する現象を修正しました。
  • 本体縦方向−1スパン、1ブロックのモデルにて柔→剛における盛土荷重を任意荷重に生成する際に不適切なエラーメッセージを表示する現象を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−均しコンクリート厚を指定しているモデルにてEsm算出時の層情報を正しく生成していない現象を修正しました(考え方入力画面のEms算出時の最下層,hnの取り扱いスイッチを「hnを最下層までとする」に指定したモデルのみ発生します)。
  • 本体縦方向−均しコンクリート厚を指定し函体底面位置が床付け面より上側でかつ、均しコンクリート厚と地層が重なったモデルにてEom算出時の層情報を正しく生成していない現象を修正しました。
  • 胸壁−背面土砂形状の1段目がL=0、B=0で指定しているモデルにて断面力計算時の土圧算出時の背面土砂面積が間違っている現象を修正しました。

(3)結果確認、出力
  • 門柱:L2解析時にδuが終局ステップ以前に発生した場合に塑性回転角-水平変位グラフのステップ番号の出力を間違っている現象を修正しました。
(4)出力
  • 本体横方向−設計条件に出力している斜引張鉄筋の入力データを鉄筋量と間隔を誤って逆に出力している現象を修正しました。
  • 門柱−L1(許容応力度法)中柱の応力度照査結果出力書式に出力している最小鉄筋量を誤って端柱の結果を出力している現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.7.1.X」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
1.01.06 '14.08.27 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver7.1.6と同等の機能を有しています。

(1)入力、計算
  • 本体縦方向−翼壁の考え方入力画面に翼壁設置位置のEom算出時に用いるオフセットの入力を追加して計算に反映するように対応しました(翼壁一体化モデル)。

■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−翼壁一体化モデルにて右端に設置している翼壁のEom算出時の層情報を正しく生成していない現象を修正しました。

(2)結果確認、出力
  • 本体横方向−中柱の曲げ(外側引張)の応力度について上隅角部を抽出している現象を修正しました(2BOXでかつ左右対称のモデルで発生します)。
  • 門柱、胸壁、翼壁−応力度の総括表(せん断応力度)に抽出するケースが間違っている現象を修正しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−水平方向バネの算出方法を函体周長に指定しているモデルでかつ、川裏のみに翼壁を設置しているモデル時に、川裏翼壁の常時の計算値を出力していない現象を修正しました。
  • 本体縦方向−地盤変位荷重の側方変位等価荷重のスパン表記が間違っている現象を修正しました(翼壁一体化でかつ複数スパンモデル時に発生します)。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「多層地盤の換算変形係数」
  • 「Q&A」→「モデル化について(Q&A)」
  • 「Q&A」→「門柱の設計(Q&A)」
1.02.00 '14.10.14 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver7.1.7と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)図面
  • 積算連携データのプレビューおよびファイル保存に対応しました。

■不具合修正
(1)出力
  • 門柱:出力書式において鉄筋応力度がOUTの状態を正しく抽出していなかった現象を修正しました。
  • 翼壁:U型翼壁の出力書式に出力する外水圧計算式(誤:H,正:Ho)の記述を間違えている現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「UC-1 Engineer's Suiteについて」→「UC-1 Engineer's Suiteの概要」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
2.00.00 '14.11.07 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.00と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)全般
  • 材料適用基準に北海道建設部を追加しました。
(2)入力
  • 本体縦方向−門柱・胸壁の入力名称を連動荷重に変更しました。
  • 翼壁−U型翼壁の端部寸法Y3に0.0を指定できるように対応しました。
(3)入力、計算、出力
  • 本体縦方向−部材バネ入力画面においてL1(許容応力度法)低減係数の入力を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 本体縦方向−基本条件入力画面において地盤変位荷重算出時(幅B)の算定方法計算スイッチの入力を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 本体縦方向−基本入力画面において地盤反力度の計算スイッチ及び許容値の入力を設け、地盤反力度の計算結果を出力書式で確認できるように対応しました。
  • 門柱−荷重入力画面に縦方向風荷重駆除範囲の入力を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁−本体縦方向における連動荷重の慣性力が逆向きに作用する場合に常時静止土圧を載荷する計算スイッチの入力を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 翼壁−逆T型翼壁、堤防保護部において土圧係数の直接入力を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 翼壁−U型翼壁の天端2点折れのモデル化に対応しました。
  • 翼壁−U型翼壁の底版張り出しのモデル化に対応しました。

(4)出力
  • 本体縦方向−沈下量荷重分布図の出力に対応しました。
  • 本体縦方向−レベル2出力書式の地震時沈下量、水平変位量出力書式と曲線図にL1(許容応力度法)とL1+L2合計の値を出力するように対応しました。
  • 本体縦方向−L2出力書式に鉛直荷重の上限値側面図の出力に対応しました。

■不具合対応

(1)入力、計算
  • 本体横方向−道路土工カルバート工指針(H21)準拠時の最大鉄筋量の計算に用いる鉄筋の降伏強度について鉄筋種別を変更した場合に正しく計算に用いていない現象を修正しました。同時に材料入力画面にて鉄筋の降伏強度を入力・修正できるように対応しました。
(2)計算
  • 本体縦方向:翼壁設置位置について相対変位量を算出するモデルにて右側翼壁の自重を誤って左側翼壁の自重を載荷していた現象を修正しました。
  • 本体縦方向:翼壁設置位置について相対変位量を算出するモデルにて翼壁設置位置の断面諸元に平均断面の諸元を用いていなかった現象を修正しました。
  • 翼壁:U型翼壁の慣性力によるモーメントを正しく計算していなかった現象を修正しました。
  • 翼壁:U型翼壁の底版右側に任意荷重を全載したモデルでかつ隅角部集中荷重指定時にて誤った格点に荷重を載荷していた現象を修正しました。
(3)結果表示、出力
  • 本体縦方向−均しコンクリートを設置したモデルでかつ床付け面の位置に水位線を設けたモデルにて層区分を正しく表示・出力していない現象を修正しました。
(4)出力
  • 門柱−L1横方向の断面力出力書式に出力する地震時ケースの軸力図について誤って常時ケースを出力していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能及び特長」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「基本条件の初期値」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「連動荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「部材バネ」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「任意荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「組合せ荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「荷重(レベル2)(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「材料(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「考え方(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「基本条件(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「材料(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「形状寸法(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「鉄筋(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「任意荷重(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算」→「計算」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「翼壁(川表/川裏)」→「U型翼壁 計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「翼壁(川表/川裏)」→「翼壁 応力度計算結果確認」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「多層地盤の換算変形係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「鉛直方向地盤反力係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「断面力及び変位の計算」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「地盤反力度」→「地盤反力度」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「横方向解析」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「縦方向解析」→「荷重の考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)」→「概要」→「概要」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)」→「U型翼壁」→「FRAME解析モデル」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)」→「浮上がり検討照査」→「浮上がり検討照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「Q&A」→「モデル化について(Q&A)」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「胸壁の設計(Q&A)」
  • 「サポート」→「ご購入についてのお問い合わせ」
2.00.01 '14.12.18 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.01と同等の機能を有しています。

■不具合修正

(1)計算
  • 本体縦方向−PC鋼材の偏心量を計算する際に鋼材量を考慮していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−剛支持モデルにて正しく地盤反力度の計算を行っていなかった現象を修正しました。
(2)結果確認
  • 本体縦方向−PC函体モデルにて全スパン緊張のみを計算した場合に正しく応力度結果画面を表示していなかった現象を修正しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−盛土基準点から函体左端までのX方向距離を指定しているモデルにおいてレベル2地震時沈下量の出力を正しく出力しない現象を修正しました。
  • 本体横方向、門柱、胸壁−一覧表出力書式の曲げ応力度、せん断応力度の出力タイトルを間違って出力していた現象を修正しました。
(4)ヘルプ
  • Ver2.0.0の修正履歴に図面、不具合の修正履歴が漏れていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
2.00.02 '15.02.06 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.02と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)入力
  • 本体縦方向−基本条件入力画面-レベル2基本条件タブ-レベル2基本条件1タブ内の「Mu算出時のεcu発生位置(芯かぶり)」の初期値を「コンクリート圧縮縁位置」に変更しました。
  • 翼壁−堤防保護部の内水位高の入力範囲を外水位高と同一の値に変更しました。

■不具合修正

(1)計算
  • 本体縦方向−堤防盛土の構成する座標が函体設置範囲より内側に指定したモデルにて柔→剛切り替え時の地層データを任意荷重へ変換する処理を間違っていた現象を修正しました。
  • 本体横方向−本体縦方向の基本条件にてRC函体2連を指定後に形状寸法を未入力の場合に基本条件入力画面においてエラーが発生する現象を修正しました。
(2)入力、計算、結果確認、出力
  • 本体縦方向−沈下量を入力するモデルでかつ、盛土基準点から函体左端までのX方向距離を入力している場合に圧密沈下時間で指定した照査位置について間違っていた現象を修正しました。
(3)計算
  • 本体縦方向−床付け面より下側に1層だけ設置したモデルにおいてEomの計算を間違っていた現象を修正しました。
  • 翼壁−U型底版張り出しモデルにて底版に任意荷重を載荷した場合に地盤反力度算出時の任意荷重の計算を間違えていた現象を修正しました。
(4)表示
  • 本体縦方向−左右寸法変化のモデルでかつ張り出し幅を入力した場合に平面図を正しく表示していなかった現象を修正しました。
(5)結果確認
  • 本体縦方向−レベル2継手照査結果確認画面のカラー継手におけるクリアランスの照査結果を判定に含めていなかった現象を修正しました。
  • 翼壁−応力度結果確認画面において最小鉄筋量を正しく抽出していなかった現象を修正しました。
(6)出力
  • 本体縦方向−圧密沈下量−logP曲線−logCv〜logP曲線に出力しているCvの単位を間違えていた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−円管のモデルでかつ、しゃ水壁の寸法L3<>0.0、L4<0.0(マイナス値)で指定しているモデルにて出力時にエラーが発生する現象を修正しました。
  • 全構造物−一覧表形式の曲げ応力度の出力書式において最小鉄筋量と必要鉄筋量の比較を出力していなかった現象を修正しました。
(7)ヘルプ
  • 門柱−操作方法|メニューの操作|計算ツールバー|計算結果|門柱|門柱 レベル2照査結果確認|縦方向結果画面|水平力
  • 水平変位のリンク先を間違えていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.2.00.X」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「翼壁の設計(Q&A)」
2.00.03 '15.02.25 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.03と同等の機能を有しています。

■不具合修正

(1)入力
  • 本体縦方向−右端側に垂直に堤防盛土をスパン、ブロック上に配置しているモデルにて柔→剛における右端位置の任意荷重が間違っている現象を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−床付け面より下側に1層だけ設置したモデルにおいてレベル2の計算が解析失敗となる現象を修正しました。
  • 翼壁−U型底版張り出しモデルの張り出し部の応力度計算時に比較する許容値を間違えていた現象を修正しました。
(3)計算、結果確認、出力
  • 本体縦方向−PC函体モデルでかつ翼壁一体化(左側に翼壁設置)を指定した場合に全スパン緊張時の開口量の計算が間違っていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
2.00.04 '15.04.16 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.04と同等の機能を有しています。

■不具合修正
(1)入力
  • 翼壁−U型翼壁において堤防保護部を設置してモデルにて設計断面Aの側壁高を間違えていた現象を修正しました。

(2)計算
  • 翼壁−U型張り出し翼壁において地震時土圧を河川構造物の耐震設計照査指針を指定したモデルにて底版の断面力計算に用いる土圧係数を間違えていた現象を修正しました。

(3)表示、出力
  • 翼壁−川裏翼壁において入力データを変更せずに再度計算ボタンを選択すると応力度計算結果を表示しない現象を修正しました。
  • 翼壁−U型翼壁において天端折れ点(B1,B2)を入力したモデルにて正しく平面図を表示しない現象を修正しました。

(4)結果確認、出力

  • 門柱−レベル2(左→右方向)の結果確認、出力書式に表示、出力する横方向の終局水平耐力が作用したときの断面力図を正しく表示、出力していなかった現象を修正しました。

(5)出力
  • 本体縦方向−レベル2の解析モデル-基本条件に出力する本体左右端部の支点条件に出力している文字(右端支点バネ)を左端支点バネと間違えていた現象を修正しました。
  • 翼壁−U型翼壁の地震時土圧係数に水平成分を考慮している出力が漏れていた現象を修正しました。

◆ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「盛土寸法(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「活荷重(本体横方向)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「継手」→「継手」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
2.00.05 '15.05.28 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.05と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)入力
  • 本体縦方向−定型盛土においてY座標オフセットの入力に対応しました。

(2)出力
  • 本体横方向−盛土寸法入力画面のデータを設計条件に出力するように対応しました。
  • 胸壁−雪、その他上載荷重の入力が0.0指定の場合には設計条件に出力しないように対応しました。

(3)図面
  • 胸壁、翼壁天端鉄筋の側壁鉄筋(定尺鉄筋)との継ぎ手長を改善(太径の20倍⇒細径の20倍)しました。


■不具合修正

(1)計算
  • 本体縦方向−沈下量計算実行時に算出点オーバーエラー検知時に間違ったエラーメッセージを表示している現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−L2解析モデルの出力書式に常時沈下量をL1沈下量と間違った項目名称を出力している現象を修正しました。

(3)図面
  • 図面生成時にエラーメッセージ「鉄筋グループクラス読込みエラー」が表示され、図面が表示されない場合がある点を対策しました。
  • 翼壁天端に勾配を設けた場合、鉄筋表・加工図に側壁配力筋が同じ鉄筋記号で2種類表記される場合がある点を対策しました。
  • 翼壁天端の鉄筋本数が不足(鉄筋表・加工図)していた点を対策しました。

■ヘルプの修正(変更)内容

  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土」
  • 「Q&A」→「門柱の設計(Q&A)」
2.00.06 '15.07.14 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.06と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)図面
  • 基礎形状寸法の入力を一般図作図有無によらず、常に入力できるように改善しました。
  • 数量計算書の「標準部函体、門柱、操作台」型枠数量算出を改善しました。

■不具合修正

(1)入力
  • 本体縦方向−沈下量直接入力のモデルでファイル読み込み時に函体、翼壁左端からの座標を正しい小数点以下桁数で入力できなかった現象を修正しました。
  • 翼壁−形状寸法値B1、B2、P1について入力確定時に正しくチェックするように修正しました。

(2)描画
  • 翼壁−本体縦方向の3D描画時にRC巻立函体モデルにおいて翼壁の表示位置が間違っている現象を修正しました。

(3)計算
  • 翼壁−逆T翼壁、堤防保護部において土圧係数を直接指定するモデルにおいて入力した土圧係数の高さを正しく計算に用いていなかった現象を修正しました。
  • 翼壁−逆T翼壁、堤防保護部において入力データを変更後に再計算すると応力度計算結果を初期化されずに荷重ケースが増加する現象を修正しました。

(4)図面
  • 数量計算書のWord出力で川裏胸壁平面ガイド図が一部切れていた点を対策しました。
  • 端部函体(ゲートなし)の場合に、土留め壁の配力筋およびハンチ筋の鉄筋加工本数が2倍となっていた点を対策しました。

■ヘルプの修正(変更)内容

  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「形状寸法(翼壁)」
  • 「Q&A」→「モデル化について(Q&A)」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
2.00.07 '15.08.04 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.00.07と同等の機能を有しています。

■不具合修正
(1)入力、計算、結果確認、出力
  • 胸壁、翼壁−主鉄筋のピッチの入力値が1mと除して割り切れない値を指定すると鉄筋量を間違っていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
2.01.00 '15.11.24 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.01.00と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)入力、計算、結果確認、出力
  • 本体縦方向−基本条件入力画面(レベル2基本条件タブ-レベル2基本条件1タブ)においてM-φ計算時に軸力1/2計算スイッチの入力を設け、レベル2の計算に反映するように対応しました。
  • 本体縦方向−基本条件入力画面(レベル2基本条件タブ-レベル2基本条件2タブ)において断面諸量の算定方法計算スイッチの入力を設け、レベル2の計算に反映するように対応しました。
  • 本体縦方向−考え方入力画面(基本2タブ)において断面諸量の算定方法計算スイッチの入力を設け、許容応力法度法の計算に反映するように対応しました。

■杭支持オプション
  • 本体縦方向において杭支持モデルの設計に対応しました。
  • 本体縦方向−設計モデル入力画面において支持条件スイッチを「杭支持」に指定することで杭支持モデルを設計することができます。
  • 杭種は、「鋼管杭」、「RC杭」、「PHC杭」、「場所打ち杭」、「SC杭」、「SC+PHC杭」、「鋼管ソイルセメント杭」、「回転杭」に対応しており、各スパン、ブロック毎に異なる杭種を設定することができます。
  • ≪重要≫上記は、柔構造樋門の設計 杭支持オプションキーが必要であり、別途、柔構造樋門の製品と異なるライセンスキーを購入して頂く必要がございます。

■不具合修正
(1)入力、計算、結果確認、出力
  • 本体縦方向−地盤反力係数、地盤変形係数の算定方法が張り出しなしを指定したモデルにおいて部材バネの出力書式に出力する値が間違っていた現象を修正しました。この現象を回避すると同時に、本体縦方向−考え方入力画面(基本2タブ)において部材バネの算定方法計算スイッチの入力を設け、計算に反映するように対応しました。

(2)計算
  • 本体縦方向−レベル2の地盤変位荷重を生成する際にスパン・ブロック間において左右の函体寸法が異なるモデルにて左側の照査位置の函体寸法情報(底版幅、周長)を誤って右側の寸法情報を用い計算していた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−PC函体モデルにて沈下量計算結果確認後に柔→剛に切り替えた場合にFRAME解析時にエラーが発生する現象を修正しました。
  • 門柱−ゲートの自重位置が門柱側面位置と一致したモデルにて門柱L2骨組解析でエラーが発生する現象を修正しました。
  • 胸壁−基部と端部で曲げモーメントの方向が異なっているケース時にせん断応力度算出時の有効高が間違っている現象を修正しました。

(3)計算、出力
  • 胸壁−連動荷重を計算する際に土砂形状を天端から垂直に設置したモデルにて天端より上側の土重を載荷していない現象を修正しました。

(4)図面
  • 管理橋受台形状が「張出しタイプ」の場合、管理橋受台配力筋の3D配筋生成で、鉄筋が躯体外に作図される場合がある点を修正しました。
  • 加工図の加工図の折れ点で線分が連続していない(実寸で0.0002oのずれあり)点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.2.1.0」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能及び特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」
  • 「操作方法」→「標準的な処理の流れ」→「設計手順」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「設計モデル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「スパン・ブロック」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「組合せ荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土、任意盛土荷重→任意荷重自動生成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「杭登録(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材質(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「杭配置(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地層・土質(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「側方地盤変位(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「計算条件(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「計算条件(レベル2)(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算」→「計算」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(直接支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「沈下量計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「圧密時間計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「本体縦方向計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「継手の計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「函体の応力度計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「杭体の応力度計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「杭の計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2照査結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2照査結果確認」→「断面力計算結果確認(杭支持モデルレベル2)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2照査結果確認」→「継手の計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2照査結果確認」→「函体耐力計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2照査結果確認」→「杭体耐力計算結果確認(杭支持モデル)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算書作成」→「計算書作成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「図面作成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「操作方法」→「スピードボタンの操作」→「スピードボタン」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「Q&A」→「翼壁の設計(Q&A)」
2.01.01 '15.12.24 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.01.01と同等の機能を有しています。

■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−直接支持モデルでかつ、均しコンクリート厚を指定したモデルを計算実行するとその後の動作が不安定となる現象を修正しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルにて常時、L1の解析で失敗し再計算を行なった際にメモリエラーが発生する現象を修正しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルにて常時、L1の解析で常時組合せ荷重に地震時任意荷重、地震時組合せ荷重に常時任意荷重を指定すると計算実行時にXMLエラーが発生する現象を修正しました。

(2)結果確認
  • 本体縦方向−杭支持モデルにて常時、L1継手結果確認画面を表示するとメモリエラーが発生する現象を修正しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルにてスパン、ブロック内に杭を配置していない場合に杭の常時、L1応力度計算結果確認画面に計算結果を表示しない現象を修正しました。

(3)出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルで水位または任意荷重を入力しているモデルにおいてレベル2プレビュー画面を表示するとメモリエラーが発生する現象を修正しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルの応力度一覧表に出力している情報が間違っている現象を修正しました(函体のコンクリート応力度が0.0時の許容値、杭体がPHCと場所打ちの場合)。

(4)図面
  • Ver8.1.0をアンインストールせずにインストールした場合に図面が起動しない現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「Q&A」→「モデル化について(Q&A)」
  • 「Q&A」→「翼壁の設計(Q&A)」
2.01.02 '16.01.15 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.8.01.02と同等の機能を有しています。

■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−杭支持モデルにて杭頭にヒンジを設定した場合に正しく断面力を算出していない現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
3.00.00 '16.02.12 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.9.00.00と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)全般(杭支持モデルの杭以外)
  • 材料適用基準に道路土工カルバート工指針平成21年度を追加しました。
  • 断面照査適用基準の設定スイッチを最小鉄筋量、せん断応力度関係と個別に指定できるように対応しました。
  • 常時、L1主鉄筋の材質に丸鋼(SR235)を追加対応しました。
  • 常時、L1主鉄筋量を直接指定できるように対応しました。

(2)入力
  • 本体縦方向−RC函体寸法入力の上限値を緩和しました。
  • 本体縦方向−材料入力画面の適用基準の土工指針、建設省河川砂防技術基準(案)、道路橋示方書選択時のダクタイル鋳鉄のヤング係数の初期値を1.00から1.57に変更しました。
  • 本体横方向−主鉄筋の鉄筋径にD0を追加して2段目の初期値とするように改善しました。
  • 本体横方向−底版に載荷する任意荷重の表示位置を底版下面位置に変更しました。
  • 胸壁−地盤反力度における複数ケースの一括取得へ対応しました。

(3)入力、計算、出力、ヘルプ
  • 本体縦方向−レベル2計算時の函体の上限値計算時の函体幅スイッチを函体上面、函体下面と個別に指定できるように対応しました。
  • 胸壁−本体縦方向からの地盤反力度取得時の処理を改善しました(取得位置の地盤反力度がマイナス時でかつ胸壁設置範囲内にプラスの地盤反力度が存在する場合にプラス側の地盤反力度を考慮することができます)。

(4)入力、計算、結果確認、出力、ヘルプ
  • 本体縦方向−設計施工マニュアル(案)平成15年東北地方整備局に準拠したカラー継手の計算に対応しました。
  • 本体横方向−円管(ダクタイル鋳鉄)の計算に対応しました。
  • 本体横方向−RC巻立函体(矩形換算)の計算に対応しました。
  • 本体横方向−温度荷重の計算に対応しました。
  • 本体横方向−隅角部集中格点の計算に対応しました(軸線から外れている荷重考慮)。
  • 本体横方向−曲げ応力度照査時にハンチの影響を考慮するように対応しました。
  • 門柱−ゲート高の入力を設け計算に反映するように対応しました。
  • 門柱−管理橋の設置オフセットを設け計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁−つま先版、かかと版ごとにLの入力を設け断面力の計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁−つま先版、かかと版ごとにLの入力を設け連動荷重の計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁−地震時土圧算出時における水位以下の見かけの震度算出時の収束回数の入力を設け計算に反映するように対応しました。
  • 翼壁−U型翼壁のFRAME荷重に用いる地盤反力度を載荷するか否かのスイッチを設け計算に反映するように対応しました。

(5)計算、結果確認、出力
  • 本体縦方向−剛支持モデルにおける相対変位量の計算、出力に対応しました。
  • 本体縦方向−剛支持モデルにおける水平変位量、水平方向の地盤バネ反力の計算、出力に対応しました。

(6)結果確認、出力
  • 本体縦方向−柔→剛切り替え時に堤防盛土荷重を任意荷重に変換する詳細を表示・出力するように対応しました。

(7)出力
  • 本体縦方向−レベル2の配筋図を出力するように対応しました。
  • 本体縦方向−レベル2の函体側面の周面摩擦力における土圧計算時の土の単位重量(加重平均値)の詳細を出力するように対応しました。
  • 門柱−横方向の応力度算出時の断面力分配について出力するように対応しました。
  • 翼壁−U型翼壁の全体の浮上がり計算で算出するP1の詳細を出力するように対応しました。
  • 翼壁−U型堤防保護部を設置したモデルにて全体の浮上がりの結果のみ表示、出力するように改善しました。
  • 全般−一覧表出力に常時、地震時ごとの出力スイッチに対応しました。

(8)ヘルプ
  • 門柱−レベル2の上部工/支承、荷重の説明を改善しました。

(9)サンプルデータ
  • 本製品が推奨する初期値(計算スイッチ)を設定するように対応しました。

■不具合対応

(1)入力
  • 本体縦方向−柔→剛切り替え時の堤防盛土、任意盛土荷重を正しく任意荷重に自動変換していなかった現象を修正しました。
  • 函体設置範囲内に盛土開始点を設けているモデル、任意盛土荷重に集中荷重として載荷しているモデルにて発生します。

(2)計算
  • 本体横方向−断面照査適用基準を道路橋示方書に指定したモデルにてせん断応力度の抽出が間違っている現象を修正しました。
  • せん断力の値で一番厳しい値を抽出していましたが、せん断応力度と許容値と比較して一番厳しい値を抽出するように変更しました。

(3)出力
  • 本体横方向−任意荷重の集計表の出力書式に水平荷重を出力していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.9.0.0」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能及び特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「基本条件の初期値」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「許容応力度の割増係数」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「スパン・ブロック」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「継手」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「頂版・底版」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土、任意盛土荷重→任意荷重自動生成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「基本条件(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「材料(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「形状寸法(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「盛土寸法(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「鉄筋(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「死荷重(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「活荷重(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「任意荷重(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「考え方(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「基本条件(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「材料(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「鉄筋(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「基本条件(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「材料(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「胸壁形状寸法(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「鉄筋(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「荷重(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「考え方(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「基本条件(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「材料(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「鉄筋(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算」→「計算」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体横方向」→「ダクタイル鋳鉄管計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「操作方法」→「スピードボタンの操作→「スピードボタン」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「相対変位量」→「相対変位量」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「鉛直方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「水平方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「鉛直方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「水平方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「自重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「上載荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「浮力考慮時の水圧」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「浮力と地盤反力度」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「任意荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「温度荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「FRAME解析」→「軸線より外れる荷重の取り扱い」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「ダクタイル鋳鉄管」→「ダクタイル鋳鉄管」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「横方向解析」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「縦方向解析」→「荷重の考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)」→「概要」→「概要」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)」→「U型翼壁」→「FRAME解析モデル」→「FRAME解析モデル」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
3.00.01 '16.03.02 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.9.00.01と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)計算、結果確認、出力
  • 翼壁−側壁に水平方向の分布任意荷重を載荷した際に部材分布X方向荷重(水平)を載荷するように改善しました。旧バージョンでは、部材分布部材軸直角方向荷重(鉛直)を載荷していました。

(2)図面
  • 「胸壁」および「しゃ水壁」に「しゃ水工」を設置した場合、「しゃ水工」が配置されていないたて壁先端部には、「たて壁組立筋」を配筋するように改善しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−連動荷重入力画面の地震時連動荷重を取得する際に胸壁の2ケース目以降を正しく取得していなかった現象を修正しました。
  • 門柱−主鉄筋入力画面の操作台のコピー機能を実行しても正しく鉄筋径を設定していなかった現象を修正しました。

(2)計算
  • 本体横方向−外水位を設定したモデルにて地盤反力度の計算を間違えていた現象を修正しました。
  • 胸壁−地震時土圧の連動荷重慣性力逆向土圧式計算スイッチを正しく計算に反映していなかった現象を修正しました。
  • 翼壁−U型翼壁のモデルでかつ、隅角部格点集中荷重を考慮する場合に地盤反力度で用いる隅角部格点集中荷重の計算を間違えていた現象を修正しました。

(3)出力
  • 門柱、胸壁、逆T型翼壁−せん断応力度一覧表出力書式にてAw>AwInp時の判定結果をNGと出力していた現象を修正しました。

(4)図面
  • 「胸壁底版配力筋」の曲げ長算出が正しくない点を修正しました。
  • 「翼壁」および「しゃ水壁」に「しゃ水工」を設置しない場合、不要なしゃ水工情報が「一般図」に作図される点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
3.01.00 '16.04.21 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.9.01.00と同等の機能を有しています。

■変更内容

【重要なお知らせ】
ライセンスの認証をサブスクリプション方式に変更しました。
従来のハードウェアキー・WEB認証コードでは使用できませんのでご注意ください。
詳しくは、弊社ホームページの「FORUM8サブスクリプションサービス移行のご案内」をご覧ください。
http://www.forum8.co.jp/product/subscription.htm

■不具合対応
(1)入力
  • 全般−下記の入力画面にて荷重ケース数のスピンボックスが選択されている状態の場合、タブ変更時、および入力表選択時に選択しているケースが変更される現象を修正しました。
    本体縦方向−函体・継手−連動荷重
    本体縦方向−荷重−揚圧力
    本体縦方向−荷重−任意荷重
    本体縦方向−荷重−組合せ荷重
    本体縦方向−荷重−荷重(レベル2)
    本体横方向−荷重−荷重
    本体横方向−荷重−任意荷重
    門柱−荷重−任意荷重
    胸壁−荷重−任意荷重
    翼壁−荷重−任意荷重
  • 翼壁−材料入力画面の堤防保護部の鉄筋材質スイッチを保持していなかった現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−連動荷重の4行目以降のFRAME荷重図を正しく描画していなかった現象を修正しました。

(3)図面
  • U型翼壁の天端折れ形状(天端水平寸法)が、図面作成の翼壁形状(初期値)に反映されない点を修正しました。

(4)ヘルプ
  • 門柱−レベル2の設計水平震度の算出式の記述が誤っていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能及び特長」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「横方向レベル2照査」→「設計水平震度kh」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「縦方向レベル2照査」→「設計水平震度kh」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「サポート」→「技術的なお問い合わせ」
3.01.01 '16.06.17 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.9.01.01と同等の機能を有しています。

■不具合対応

(1)計算
  • 本体縦方向−1連函体で張り出しを設置したモデルでかつ、L2計算時の断面諸元の張り出し寸法計算スイッチを無視した場合にレベル2解析を失敗する現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−レベル2計算書の函体下面の上限値(極限支持力)出力時に「==」を出力していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
3.01.02 '16.08.29 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.9.1.2と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)制御
  • 本体縦方向−沈下量直接入力モデルにて堤防盛土、任意盛土荷重が未入力の場合にはメッセージを表示して柔支持→剛支持へモデルを内部設定するように対応しました。

■不具合対応
(1)計算
  • 本体横方向−断面照査適用基準(最小鉄筋量)スイッチを誤って断面照査適用基準(せん断応力度関係)スイッチの情報を用い計算していた現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルの設計水平震度算出時の地域区分(A地域、C地域)を逆に出力していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「Q&A」→「本体横方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「杭支持(Q&A)」
3.01.03 '16.10.07 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.9.1.3と同等の機能を有しています。

■要望対応

(1)入力、計算、出力、ヘルプ
  • 本体横方向−活荷重による水平土圧について土被り厚さに関係なく函体両面に上載荷重を載荷できるように対応しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−連動荷重の死荷重タブ内の荷重ケース名称を保持していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルの複数ブロック時にて途中のブロックに杭を配置していないモデルにおいて側方地盤変位入力画面でスパン、ブロックを切り替えた際にXMLエラーが発生する現象を修正しました。
  • 本体横方向−土被り厚さが制限値以上のモデル時に任意荷重で指定可能なケース1(活荷重)の計算スイッチの状態が保持できなかった現象を修正しました。

(2)計算
  • 胸壁−本体縦方向の連動荷重の地震時における揚圧力の計算にしゃ水鋼矢板を考慮していなかった現象を修正しました。

(3)入力、計算、出力
  • 本体横方向、門柱、胸壁、翼壁−基本荷重ケースを削除した場合に任意荷重に反映していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.3.1.X」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「基本条件(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「活荷重(本体横方向)」
  • 「Q&A」→「杭支持(Q&A)」
4.00.00 '16.12.02 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.10.0.0と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)全般
  • 曲げ応力度の抽出条件に最小鉄筋量を含めるように対応しました。

(2)入力
  • 本体縦方向−1スパンの入力ブロック数を10ブロックに拡張しました。
  • 本体縦方向−任意荷重入力時に堤防盛土、および任意盛土荷重の任意荷重変換に対応しました。
  • 本体縦方向−連動荷重入力時に連動荷重の入力値と門柱、胸壁の計算値が一致していない場合、メッセージを表示するように対応しました。
  • 本体縦方向−基本条件に「組合せ荷重に連動荷重を設定」スイッチを追加して自動で連動荷重を組合せ荷重の初期値としてセットできるように対応しました。
  • 本体縦方向−沈下量直接入力時に入力が不要な項目を表示しないように変更しました。・本体縦方向−剛支持モデル時の堤防盛土、および任意盛土荷重の入力、確認に対応しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデル時の杭先端の極限支持力を低減するスイッチの初期値をOFF(チェックなし)状態に変更しました。

(3)入力、計算
  • 本体縦方向−弾性継手の場合に継手毎のバネ値の入力に対応しました。
  • 本体縦方向−地震時沈下・水平分布(レベル2)の即時沈下量のマイナス値の入力に対応しました。

(4)入力、計算、出力
  • 門柱−2門モデル時に中柱の張り出し長の入力を設け、計算に反映するように対応しました。

(5)入力、計算、出力、ヘルプ
  • 本体縦方向−コンクリート増厚工法、鋼板接着工法による補修・補強の設計に対応しました。
  • 本体縦方向−応力度照査時にBOX断面としての計算に対応しました。
  • 門柱−2門モデルの縦方向計算時の軸力の取り扱い方法に「端柱と中柱との比率1:X」(Xは任意の値)を追加し、計算に反映するように対応しました。

(6)入力、計算、結果確認、出力、ヘルプ
  • 本体縦方向−柔支持から剛支持への切り替え時に地震時任意荷重の生成に対応しました。

(7)入力、出力、ヘルプ
  • 翼壁−底版が傾斜するタイプのU型翼壁の形状入力に対応しました。

(8)入力、ヘルプ
  • 門柱−荷重(レベル2)入力画面の上部工/支承タブの名称を管理橋/支承タブに、荷重タブの名称を管理橋慣性力タブに変更しました。

(9)出力
  • 本体縦方向−杭支持モデル時にL1の函体に作用する鉛直荷重の荷重図出力に対応しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデル時にL1の地震時慣性力と荷重図の出力に対応しました。
  • 本体縦方向−剛支持モデル時の地盤バネ反力の表記を部材バネ反力と出力するように変更しました。
  • 胸壁−剛支持モデルの場合に地盤反力度の詳細出力の地盤バネ反力の表記を部材バネ反力に変更しました。

(10)図面
  • 翼壁天端2点折れの図面作成に対応しました。
  • 土留め壁高3.5m以上の図面作成に対応しました。
  • 翼壁先端壁の底版が函体端に接する翼壁形状の図面作成に対応しました。
  • しゃ水壁にしゃ水矢板を設置しない場合、しゃ水壁下の基礎を平らにするように改善しました。
  • 胸壁主鉄筋のフック形状を改善(函体高より高い位置では土留め壁内に定着するように改善)しました。
  • 翼壁組立筋を翼壁天端の配力筋に掛けないように改善しました。

(11)ヘルプ
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」の項目を本体縦方向−基本条件入力画面のタブ毎に表示するように変更しました。

■不具合対応

(1)計算
  • 本体縦方向−逆T翼壁の翼壁一体化モデルにて正しく部材バネ値を内部計算していなかった現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−剛支持モデルの部材バネ反力出力時に部材バネ反力の値を正しく出力していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−剛支持モデルの地盤反力度出力時にスパン・ブロック間で結果が異なる場合に正しく出力していなかった現象を修正しました。

(3)ヘルプ
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「杭登録(杭支持)」の杭頭結合照査−杭頭補強鉄筋に記載の仮想鉄筋コンクリート断面Doの算出式が誤っていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能及び特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「設計モデル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件1」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件2」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件3」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件4」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件5」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「レベル2基本条件」→「レベル2基本条件1」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「レベル2基本条件」→「レベル2基本条件2」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「任意盛土荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「連動荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「継手」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「しゃ水鋼矢板」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「沈下量」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「補修・補強」→「材料(補修・補強)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「補修・補強」→「寸法(補修・補強)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「任意荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「組合せ荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土、任意盛土荷重→任意荷重自動生成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「杭登録(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「基本条件(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重レベル2(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「基本条件(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「形状寸法(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「函体応力度」→「RC函体応力度」→「RC函体応力度(BOX断面)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(直接支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「応力度」→「函体応力度(BOX断面)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について(杭支持)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(補修・補強)」→「概要」→「概要(補修・補強)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(補修・補強)」→「函体応力度」→「RC函体応力度(補修・補強)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(補修・補強)」→「耐力計算」→「曲げひび割れモーメント(補修・補強)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(補修・補強)」→「耐力計算」→「初降伏モーメント(補修・補強)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(補修・補強)」→「耐力計算」→「終局モーメント(補修・補強)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(補修・補強)」→「耐力計算」→「せん断耐力(補修・補強)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「胸壁の設計(Q&A)」
4.00.01 '16.12.28 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.10.0.1と同等の機能を有しています。

■不具合対応
(1)入力
  • 門柱−任意荷重の入力画面確定時に操作台の載荷範外に荷重を載荷した際に、張り出しなしでかつ隅角部格点集中荷重を考慮しないモデルにてメッセージに表示する寸法の値を間違えていた現象を修正しました。

(2)表示、出力
  • 全構造物-必要鉄筋量4/3との比較を満たしている場合に最小鉄筋量が同値で算出しているモデルにて応力度計算の最も厳しい結果を抽出していなかった現象を修正しました。
  • 門柱−総括表の表示・出力時に応力度計算の最も厳しい結果(許容値を超えない場合)を抽出していなかった現象を修正しました。

(3)出力
  • 本体横方向−Ver3.1.3で対応した要望(活荷重)について計算書を正しくVer4.0.0に反映していなかった現象を修正しました。
  • 翼壁−U型翼壁の側壁の折れ点を設けたモデルにて複数断面設計時に計算書の設計条件−荷重の設計断面番号を正しく出力していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「材料(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「材料(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「材料(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「材料(翼壁)」
  • 「Q&A」→「杭支持(Q&A)」
4.00.02 '17.03.03 本バージョンは、柔構造樋門の設計 Ver.10.0.2と同等の機能を有しています。

■要望対策
(1)入力
  • 本体縦方向−水位・土質入力画面の土質タブ内におけるN値の入力上限値を70.0から999.9に拡張しました。

(2)入力、計算、出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルの基本条件入力画面の負の周面摩擦力検討に常時、地震時、レベル2それぞれに杭に作用する鉛直荷重として載荷するか否かの計算スイッチを設け計算スイッチの設定内容に従い、計算するように対応しました。

(3)ヘルプ
  • 本体縦方向−層入力画面の説明にモデル(均しコンクリート厚、水位線指定)により総層数が少なくなることを追記しました。

■不具合対応
(1)計算
  • 本体縦方向−杭支持モデルにおいて杭軸方向バネの値を誤って常に1番目の杭の情報を用いていた現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−Ver10で対策した内容を正しく対策していなかった現象を修正しました。
    本体縦方向−剛支持モデルの部材バネ反力出力時に部材バネ反力の値を正しく出力していなかった現象を修正しました(地震時荷重を平常時・地震時荷重の重ね合わせを行う剛支持モデルで発生)。
  • 門柱−レベル2の任意荷重の名称に全角10文字以上を指定すると正しくプレビュー表示できなくなる現象を修正しました。

(3)ヘルプ
  • 地震時沈下・水平分布及び地震時沈下・水平分布(レベル2オプション)の入力操作の説明において弊社製品GeoFEAS2Dの結果確認画面を表示していますが、この画面の設定値が間違っていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地層」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「水位・土質」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件(杭支持)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「側方地盤変位(杭支持)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「断面力及び変位の計算」→「解析モデル(杭支持)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計(杭支持)」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性フレーム解析(杭支持)」→「モデル化について(杭支持)」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「杭支持(Q&A)」
4.00.03 '17.03.27 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver10.0.3と同等の機能を有しています。

■要望対策
(1)出力
  • 門柱−形状寸法の横方向が長いモデルの場合に設計条件の形状寸法図(正面図と平面図)に出力する寸法値が重ならないように改善しました。

■不具合対応
(1)計算
  • 本体縦方向−杭支持モデルにおいてレベル2に載荷する土圧による鉛直荷重の値を誤って常時のものを用いていた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−水位線を指定した場合に、杭支持またはレベル2の計算において正しく水位線の位置をモデルに設定していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルにおいて鉛直土圧を計算する際に不要な部材長を考慮していた現象を修正しました。
  • 門柱−2門モデルにおいて横方向のヒンジ候補点の操作台形状について常に照査位置の操作台形状を用いていた現象を修正しました。

(2)計算、表示、出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルの杭体の本解析時のL2耐力照査において、正しい軸力を用いていなかった現象を修正しました。

(3)計算、出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルにおいて負の周面摩擦力の符号が誤っていた現象を修正しました。

(4)表示
  • 本体縦方向−杭支持モデルの杭体のL2耐力照査結果確認画面において、負の曲げモーメントが発生している場合にひび割れモーメント、初降伏モーメント、終局/全塑性モーメントの符号を誤って表示していた現象を修正しました。

(5)表示、出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルにおいてせん断力図を表示・出力する際に杭部材のせん断力の方向を誤って描画していた現象を修正しました。

(6)出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルの鉛直方向地盤反力係数、水平方向地盤反力係数の一覧表に不要な杭体情報を出力している現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「Q&A」→「胸壁の設計(Q&A)」
4.00.04 '17.04.25 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver10.0.4と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)出力
  • 本体縦方向−剛支持モデルの出力書式を旧版(Ver.8)のスタイルで出力するように改善しました(メインメニュー−オプション−表示項目の設定画面の表示・描画タブ−表示・出力形式タブ内の剛支持モデルの出力形式で指定できます)。
  • 本体縦方向−杭支持モデルの出力書式に函体に作用する鉛直荷重の数値を出力するように改善しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルの出力書式に函体に作用する鉛直荷重の荷重図を出力するように改善しました。
  • 本体縦方向−杭支持モデルの出力書式に杭体の水平反力、上限値を出力するように改善しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 胸壁−荷重入力画面の「本体の計算値からの取得」ボタンより地盤反力度を設定する際に、三角形分布(つま先版かかかと版の地盤反力度が0.0の場合)に載荷幅を全幅としていた現象を修正しました。

(2)表示、出力
  • 本体縦方向−最小鉄筋量の計算結果が0.0で算出されるモデルにて曲げ応力度一覧表出力と比率表示モード時の応力度計算結果画面において誤った結果を抽出している現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地表面」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「層」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「水位・土質」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算書作成」→「計算書作成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「オプション」→「表示項目の設定」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
4.00.05 '17.06.12 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver10.0.5と同等の機能を有しています。

■不具合対応
(1)入力
  • 胸壁−Ver10.0.4において対策した内容が正しく修正されていなかった現象を修正しました(荷重入力画面の「本体の計算値からの取得」ボタンより地盤反力度を設定する際に、三角形分布(つま先版かかかと版の地盤反力度が0.0の場合)に載荷幅を全幅としていた現象)。

(2)計算、表示、出力
  • 門柱−曲げ応力度計算時に隅角部の断面力の抽出時に絶対値の比較を行っていなかった現象と、操作台の形状が張り出しモデル時に間違った部材の情報を取得していた現象を修正しました。

(3)表示、出力
  • 全般−最小鉄筋量を抽出する際に、必要鉄筋量4/3と比較する場合にその条件を無視し、最小鉄筋量を抽出の条件に含めていた現象を修正しました。
  • 門柱−単鉄筋モデルにて曲げ応力度計算結果確認画面と曲げ応力度一覧表出力書式にて誤った結果を抽出する現象を修正しました。

(4)出力
  • 本体縦方向−Ver10.0.2において対策した内容が正しく修正されていなかった現象を修正しました(剛支持モデルの部材バネ反力出力時にj端側の部材バネ反力の値を正しく出力していない)。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
5.00.00 '17.07.05 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver11.0.0と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)全般
  • 弊社製品UC-1FRAME計算制御時に発生するエラーメッセージ内容を詳細な内容を表示するように対応しました。
  • 斜引張鉄筋量を入力した際に、τmとτa1を比較しτa1を超えた場合には、τa2と比較するように結果表示、出力書式を改善しました。
  • 軸力符号について結果表示、出力書式に追加するように対応しました。

(2)入力、ヘルプ
  • 本体縦方向:沈下量直接入力モデルにおいて沈下量入力画面で指定する照査位置(函体左端からの距離)を生成する際の制御スイッチ(必須データを生成する/必須データと分割ピッチ生成/算出点を生成しない)を設けました。
  • 本体縦方向:柔支持→剛支持へ切り替えた際に盛土基準点から函体左端までの距離を堤防盛土、任意盛土荷重、地層データへ反映するように対応しました。

(3)入力、計算、結果確認、出力、ヘルプ
  • 本体縦方向:直接支持モデルの基本条件入力画面において通常の1連函体モデルにて頂版厚の設置がない場合でも応力度照査を行う計算スイッチを設け、計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁:考え方入力画面において河川構造物設計の手引き(案)平成19年3月国土交通省関東地方整備局に準拠した常時の土圧をクーロン式で算出する計算スイッチ(常時は静止土圧、地震時は受働土圧選択/常時、地震時とも主働土圧)を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁:土砂形状寸法入力画面において背面土砂に天端からのオフセットの入力も設け、計算に反映するように対応しました。
  • 胸壁:荷重入力画面において土圧計算時のたて壁高の入力を設け、計算に反映するように対応しました。
  • 翼壁:U型翼壁の考え方入力画面において地盤反力度の計算に揚圧力を考慮するか否かの計算スイッチを設け、計算に反映するように対応しました。
  • 翼壁:逆T翼壁の考え方入力画面において全体の浮き上がりの計算に水叩き厚を考慮するか否かの計算スイッチを設け、計算に反映するように対応しました。

(4)結果確認、出力
  • 門柱:考え方入力画面において横方向の操作台における曲げ応力度抽出時のSmaxを含むか否かの制御スイッチを設け、結果確認、出力に反映するように対応しました。

(5)出力
  • 杭支持:側面、平面図の出力領域を大きく出力するように対応しました。
  • 杭支持:反力、変位、断面力図の出力領域を大きく出力するように対応しました。
  • 杭支持:杭体の断面力図に出力する数値を極力重ならないように対応しました。

(6)ヘルプ
  • 門柱:柱断面の横拘束筋、帯鉄筋の入力図を追記しました。

(7)図面
  • CAD製図基準(平成29年3月:国土交通省)に対応しました。
  • 端部函体ゲート部先端寸法の最小値を改善(0.3m⇒0.2m)しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−PC函体モデルにて継手形式を可とう性継手に設定しても継手の基準値が入力できなかった現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−杭支持モデルの函体応力度に出力する地震時検討ケースを正しく出力していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件1」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」→「基本条件」→「基本条件3」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「沈下量算出点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「スパン・ブロック」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「沈下量」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「頂版・底版配筋」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土、任意盛土荷重→任意荷重自動生成」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「鉄筋レベル2(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「土砂形状寸法(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「荷重(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「考え方(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「本体縦方向(直接支持)」→「応力度計算結果確認(RC)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「本体縦方向(杭支持モデル)」→「応力度計算結果確認(RC)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「本体横方向」→「本体横方向 応力度計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「門柱」→「門柱 応力度計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「胸壁(川表/川裏)」→「胸壁 応力度計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「翼壁(川表/川裏)」→「翼壁 応力度計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「横方向解析」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「縦方向解析」→「荷重の考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「たて壁の設計」→「たて壁の設計」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「かかと版の設計」→「かかと版の設計」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「逆T翼壁・堤防保護部」→「安定計算」→「安定計算」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「U型翼壁」→「FRAME解析モデル」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「浮上がり検討照査」→「浮上がり検討照査」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「杭支持(Q&A)」
5.01.00 '17.08.03 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver11.1.0と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)ファイル
  • 本体縦方向−メインメニュー−ファイル−地盤解析用地形データファイル(弊社製品:GeoFEAS2D連動ファイル)を生成する際に、堤防盛土、地表面、層、水位線、沈下量算出点、函体左右端部、スパン位置、杭配置位置の座標に圧密沈下量及び、即時沈下量を減算、キャンバー量は加算するように改善しました(河川構造物の耐震性能照査指針(H28)対応)。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地盤解析用地形データファイル」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」
  • 「Q&A」→「杭支持(Q&A)」
5.01.01 '17.08.31 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver11.1.1と同等の機能を有しています。

■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−PC函体の材料入力画面の許容曲げ引張応力度の入力上限値を0.00から+1.00まで入力できるように対応しました(柔構造樋門 設計の手引き P-165の安全性を考慮して接面応力度の最小値を0.5N/mm^2とするに対応)。

(2)表示、出力
  • 本体縦方向−即時沈下量、側方変位量の計算結果表示、出力書式の項目を詳細な出力(2ai、2bi、qi等)を行うように対応しました。

■不具合対応
(1)入力
  • 本体縦方向−地震時沈下・水平分布(レベル2)入力画面の函体左端からの距離を正しく設定していなかった現象を修正しました(スパン1以外にしゃ水鋼矢板、しゃ水壁を設定しているモデルで発生します)。

(2)描画、出力
  • 本体縦方向−側面図の1スパン、1ブロック目の底版厚の寸法線を表示、出力していなかった現象を修正しました。

(3)出力設定、出力
  • 胸壁−川表胸壁を設置していないモデルおいて川裏胸壁の出力設定画面の集計位置Y詳細出力スイッチが選択できなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布(レベル2オプション)」
  • 「Q&A」→「モデル化について(Q&A)」
5.01.02 '17.11.13 本バージョンは、柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver11.1.2と同等の機能を有しています。

■不具合対応
(1)計算、結果表示、出力
  • 門柱−横方向の操作台隅角部の曲げ応力度を正しく抽出していなかった現象を修正しました。

(2)出力
  • 本体縦方向−剛支持モデルにおいて変位・相対変位・バネ反力の一覧表出力が実行できない現象を修正しました。
  • 門柱−縦方向荷重のケース名称を入力したモデルにおいて、設計条件をプレビューした際に正しい位置に表示しない現象を修正しました。
  • 門柱−一覧表出力時に出力荷重選択状態にかかわらず常時、地震時の両方を抽出している現象を修正しました。

(3)図面
  • 一般図(側面図)に作図した鋼矢板幅が、一般図(平面図)の鋼矢板幅と一致していなかった点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.11.1.X」
  • 「Q&A」→「本体縦方向の設計(Q&A)」


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/12  UC-win/Road DS体験
12/13  UC-BRIDGE(分割施工
 対応)(部分係数法・
 H29道示対応)新製品体験
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション