Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
DesignBuilder Ver.3
建物エネルギーシミュレーション

最新版製品価格  ●リリース 2011年9月5日
建築/プラント

Design Festival 2011-3Days
2011年11月15日(火):VRcon.forum8.jp  16日(水)・17日(木):品川フロントビル

Day3 「フォーラムエイト BIM&VRソリューションの紹介」
 2011年11月17日(水)11:30〜11:45 品川フロントビル会議室B


DesignBuilderは、イギリスDesignBuilder社により開発された建築シミュレーションソフトです。米国エネルギー省開発の建物エネルギーシミュレーションプログラムであるEnergyPlus(※1) と連動することによって、作成したモデルに対して光、温度、CO2などの環境をシミュレーションし、計画段階から環境に配慮した省エネルギー型の建物の設計ができるソフトウェアです。

(※1) EnergyPlus:米国エネルギー省開発の建物エネルギーシミュレーションプログラム


■パッケージの構成と機能追加・拡張

DesignBuilder Ver.3 Architectural Simulationパッケージが新製品として登場しました。
Architectural Simulationは最小限のパッケージで、Energyplusによるエネルギーシミュレーション、Visualizationによるレンダリング、Daylightingによる照度計算機能をお使いいただけます。
Design SimulationとAdvancedSimulationパッケージには従来の製品に「Daylighting」と「HVAC」モジュールが追加されました。
各製品の機能をまとめた表が表1となります。
各パッケージには通常のライセンスと1年有効ライセンスがあり、また、サイトライセンスでは、サイトライセンスとシート(モジュール)を購入することにより同じネットワーク内で、購入した数のシートを利用できます。

EnergyPlus Visualization Daylighting HVAC CFD
Architectural Simulation    
Design Simulation
Advanced Simulation
■表 1 各パッケージの機能

 Daylighting モジュール
設計プロセスの早い段階から建物の採光をシミュレーションすることは非常に重要です。
DesignBuilderは照明設計に利用できます。採光シミュレーションと温熱シミュレーションを同時に検討することで、様々な採光計画からもたらされる照明電力の節約を評価することができます。
DesignBuilderは次の3種類の計算を行うことができます。

(1) 昼光率(daylight factor) と均一性(uniformity)

各ゾーンの平均的な昼光率(daylight factor)と均一性(uniformity)の計算。各ゾーン、各ブロック内で、または建物全体を通じて、スライスを生成し高品質な照度のコンター(等高線)をプロットすることができます。
LEED EQ8.1( アメリカ)、BREEAMHW1(イギリス)とGreen Star IEQ4採光(オーストラリア)への適合性に関する詳細なレポートが作成できます。
Daylightingモジュールは現在広く使用され信頼性のあるRadiance(※2)という採光シミュレーションエンジンを使用しています。CIE(※3) 曇天空を含む、さまざまなタイプの空を指定してシミュレーションすることができます。

(※2) Radiance:照明のシミュレーションのできるラジオシティーレンダリングソフト
(※3) CIE:Commission internationalede l'eclairage国際照明委員会

■ 図1 フロア全体の照度のコンター ■ 図2 Radianceによるレンダリング


(2)EnergyPlusシミュレーションとの連動

ゾーン内の昼光照度のレベルは、空の条件、太陽の位置、電光センサーの位置、ロケーション、サイズ、および窓ガラスの透過率、窓シェードと内装面の反射率など、数多くの要因に依存します。EnergyPlusシミュレーションを通じた電気照明の削減とそれに伴うエネルギーや炭素削減を計算します。

(3)Radianceシミュレーションへのエクスポート

フォトリアリスティックなレンダリングイメージを生成するためには、高度なRadianceプログラムへのエクスポートが必要です。

 HVACモジュール
HVACモジュールはHeating(熱)、Ventilation(換気)、Air Conditioning(空調)をシミュレーションするためのモジュールで、従来のシミュレーションよりも詳細な熱・換気・空調 シミュレーション、および解析が可能です。
Ver.3では、EnergyPlus HVACの広い範囲のHVACタイプをサポートし、強力で柔軟な新しい方法を提供します。
ASHRAE 90.1 基準HVAC システムを含むコンポーネントをサポートし、空気・水両方をモデル化することができます。
コンポーネント、混合器(mixer)、分配器(splitter)の配置によるプラント、凝縮器(condenser)、空気循環(air loops)のグラフィカルな定義を行うことができます。これはユニバーサル接続ツールを使用してノード間を接続します。
ボイラー(boiler)、冷却機(chiller)、加熱コイル(heating coil)、ヒートポンプ(heat pump)、冷却コイル(cooling coil)、ポンプ、ファン、加湿器などを含む拡張可能なEnergyplusのライブラリを使用できます。たとえば、ボイラー、冷却機と性能曲線コンポーネントのテンプレートを利用できます。
ADUs(空気分配装置)、放射加熱/冷却装置、ファンコイルユニット等の機器をドラッグアンドドロップするグラフィカルな表現が可能です。
直接空気、デュアルダクトCAV、デュアルダクトVAV、単一ダクトCAV、単一ダクトVAV などを含むADUsの包括的なセットを使用できます。ファンコイルユニット、パッケージヒートポンプ、パッケージエアコンを含むエアユニットをゾーンに適用することができ、AHUからの空気と一緒にすることができます。
また、ネットワークの整合性と接続のチェックは自動的に行われます。このHVAC編集画面は、建物のモデラーと統合されています。

 ■ 図3 HVACシステム編集   ■ 図4 HVACシステム編集
 従来の機能
DesignBuilderはこの他にも、EnergyPlusによるエネルギー解析、テクスチャのレンダリングや日影の計算まで行えるVisualization、建物モデルを利用したCFD(Computational Fluid Dynamics、流体力学)を行うモジュールがあります。3次元の建物モデルを利用して全てのシミュレーションができるため、建築設計における横断的・包括的な検討を行うことができます。詳しくは下記の製品情報をご覧下さい。

■ DesignBuilder製品情報 http://www.forum8.co.jp/product/shokai/DesignBuilder.htm
(Up&Coming '11 晩秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/21  UC-win/Road Advanced・
 VR(名古屋)
9/22  UC-1 港湾シリーズ体験
9/26  斜面の安定計算
10/3  土留め工の性能設計計算
 体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション