Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Maxsurf
総合情報
Vol.57
 Maxsurfセミナー
日時:2020年5月19日(火) 9:30〜16:30
会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
※TV会議システムにて 大阪・名古屋・福岡・
  仙台・札幌・金沢・宮崎・岩手・沖縄 同時開催
参加費 : 18,000円
Webセミナー対応

MAXSURFによる歴史的建造船の保存活動

歴史的価値のある船舶が、朽ち果てたり修繕不能になる可能性が出た場合、その貴重な建造物の記録を後世に残すには、手間と時間を掛ける必要があります。

タスマニア海洋博物館がドウグル・ハリス氏の協力の下取った手法は、そのような船舶をデジタル記録し、3次元モデル化そしてラインズプランを作成するというものでした。そのデジタル化の過程でMaxsurfが使われています。オーストラリアには英国同様多くの木造帆船が現存しますが、劣化の激しいものも多く、その歴史的価値が忘れられようとしています。

ドウグル・ハリス氏はベントレー社の上級ソフトウエアエンジニアであり、Maxsurfの開発を担当している造船技師です。過去10年間に渡って、約20隻の木造帆船の形状記録を歴史船型デジタルデータベースとして構築してきました。デジタル化の工程はテクノロジーの発達と共に変化しています。当初は、測量に使われるセオドライト(トランシット)によるステーション毎の距離計測であり、後にレーザースキャニング、そして今では、写真計測法へと移り変わっています。


デジタル保存された木造船の1隻

写真計測法の利点は、簡単に使えること、比較的安価な設備、大量のデータとその正確さ、が上げられます。実際の作業は全長3mのディンギーでも50mの3本マストバークでも基本的に同じで、訓練を受けたボランティアがチームを組み、スリップに上架されている対象船舶に出向き、300枚程の一連の写真を撮ります。写真は、一眼レフデジタルカメラにより、焦点距離、絞り、F値などの設定を任意に行なう必要があり、連続した写真は互いに少なくとも75%のオーバーラップができるようにします。これらの写真は、ベントレー社のコンテクストキャプチャーのような写真計測ソフトウエアにより処理され、船体形状を表す3次元の点群が生成されます。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
写真計測による点群

生成された点群は、直接Maxsurf Modelerに取り入れることが可能です。船体形状を表す全ての点、もしくは任意の間隔で設定されたステーションにある点のみを取り込むことが可能です。取り込まれた点群は、Maxsurf上のレファレンス点として3次元空間上に表示され、その点群に沿って、NURB面を張ってゆきます。

こうして、点群がNURBSに置き換えられると、Maxsurfによる船舶設計の工程と全く同じこと、つまり、3Dモデリング、ラインズプラン出力、さらに、ハイドロスタティックス、抵抗推進、動揺等の各種解析が行なえ、この歴史的建造船がデジタル保存されるのです。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
計測された点群がMaxsurf内に取り込まれた状態
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
デジタル保存されたモデルからのラインズプラン

ベントレー社ニュースに掲載された記事

■ Maxsurf CONNECT Edition v21.13.00.19 2019年5月リリース
■ 開発元:Bentley Systems (Formation Design SystemsはBentleySystemsに吸収合併)



前ページ
  
インデックス
  
次ページ
(Up&Coming '20 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社センスタイムジャパン
[ お知らせ ]
都市と建築のブログ
連載50回記念







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.14
マンホールの設計・3D配筋 Ver.8
開水路の設計・3D配筋 Ver.6
UC-1 Cloud 自動設計 BOXカルバート Ver.2
建築杭基礎の設計計算 Ver.6

キャンペーン実施中
パックン出演!CM放送スタート記念スイートシリーズ半額
新製品バンドル
ジュニアセミナー

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/2  UC-win/Road・VR
7/3  VRまちづくりシステム体験
7/7  レジリエンスデザイン・BIM系
  解析支援体験セミナー
  DesignBuilder/Allplan編
7/9  Shade3D体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション