Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Multiframe
総合情報
Vol.59

Multiframe 機能紹介

今回はMultiframeによる鉄骨ブレースと露出柱脚のモデル化について、お話しさせていただきます。

建築物の設計では一貫計算プログラムを用いて応力解析、断面検定を行うことが多いと思います。一貫計算プログラムでは、鉄骨ブレースを柱梁部材心の交点に配置することになります。但し、柱脚部ではベースプレートの下端レベルに配置することが多いため、ブレース端部から基礎梁心の間で偏心モーメントが生じることになり、別途検討が必要となります。その検討応力についてMultiframeを用いて算出したいと思います。


 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 図1 ブレースと露出柱脚部のディテール


1.モデルの作成

今回の対象構造物はスパン6m×高さ4mの一構面とします。「フレームウィンドウ」にて、以下の設定をします。

  1. ラーメン生成、「ベイ数=1」「階数=1」「フレーム数=1」「ベイの間隔=6m」「階の高さ=4m」
  2. ビューを「正面表示」に切り替え、
  3. 上部梁を選択し、「作成|複製」にてy方向を-4mと設定します。
  4. 下層柱脚部を選択し「ピン拘束」、
  5. 左柱を選択し、「作成|部材分割」にて下部の長さを0.5mと設定。
  6. 「作成|部材追加」にてブレース材を配置
  7. セクションタイプは全てH-250x250を設定、
  8. ブレースと上部梁を選択し、ピン端部とします。



画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図2 ラーメン生成

2.露出柱脚回転バネと剛域の設定

「鋼構造接合部設計指針」に準じ、露出柱脚部の回転バネを算出し、柱脚部に設定をします。

剛域は「オフセット」機能より、基礎梁断面内に設定しますが、ブレースの接合部では節点間全てを剛域とすることはできないため、499mmまでを剛域とします。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます。    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図3. 露出柱脚部の回転バネ

3.荷重の設定と解析実行

「荷重ウィンドウ」にて、以下の設定をします。

  1. ビューを「正面表示」に切り替え
  2. 上層梁、ブレース、柱の交点を選択し、「節点荷重」にて左向きに100kNと設定、
  3. 「解析|線形」にて解析を実行します。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 図4 モデル図


4.解析結果の確認

「プロットウィンドウ」にて、曲げ応力や架構の変形に異常がないことを確認します。(左図はブレースによる偏心モーメント有、右図は柱梁交点部ブレースを設けた場合)

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図5 解析結果|曲げ応力図
 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 図6 解析結果|軸力図
 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 図7 解析結果|変位図


5.考察

図5を見るとブレース軸力による偏心モーメントを基礎梁で負担しています。図6ではブレースの勾配分だけ左の方が軸力が小さくなっていることが分かります。図7ではブレースの傾斜角より左の方が剛性が高くなるため変位量が小さくなっています。今回のモデルは1層のモデルですが、複数層の場合、上層の剛性率に悪影響を与える可能性があるため注意が必要です。

基礎梁についてのみ一貫計算プログラムより応力が増加したことになるので、この応力を追加応力として考慮して基礎梁の設計を行うことになります。


■ Multiframe CONNECT Edition v21.13.00.19 2018年12月リリース
■ 開発元:Bentley Systems (Formation Design SystemsはBentleySystemsに吸収合併)



前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '20 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社センスタイムジャパン
[ お知らせ ]
都市と建築のブログ
連載50回記念







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.14
マンホールの設計・3D配筋 Ver.8
開水路の設計・3D配筋 Ver.6
UC-1 Cloud 自動設計 BOXカルバート Ver.2
建築杭基礎の設計計算 Ver.6

キャンペーン実施中
パックン出演!CM放送スタート記念スイートシリーズ半額
新製品バンドル
ジュニアセミナー

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/9  Shade3D体験
7/10  熱応力・ソリッドFEM解析セ
  ミナー
7/14  スイート千鳥エンジン体験
7/16  CIM入門セミナー

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション