Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

   
Ver. 日付 内  容
8.00.00 21.06.30

■変更内容
【機能追加・改善】
[液状化の判定]

  1. 液状化の判定に対応しました。下記の基準に準拠した液状化の判定を行います。
    • 建築基礎構造設計指針 2019年版
    • 道路橋示方書 平成24年/平成29年

[建築基準:深層混合処理工法]
  1. 「計算条件」にて、擁壁下の検討の場合に、□改良体の土砂重量を考慮する の選択を追加しました。
  2. 「改良仕様」にて、改良体と基礎スラブの中心位置をずらして配置した場合の設計に対応しました。
    ※ただし、2018年指針準拠時の液状化対策(格子配置)の場合には、偏心配置を行う事が出来ません。
  3. 水平力検討における縁応力度の算定方法に「基礎スラブ幅で算定(従来の方法)」「改良体幅で算定」の選択を追加しました。
  4. 計算書「鉛直支持力の検討-改良地盤の許容鉛直支持力度」の「(2)複合地盤としての許容鉛直支持力度」の表に、地層名称を表示するようにしました。
  5. 水平力検討において「細長比が1以下の場合に曲げの検討を省略する」が選択されている場合に結果確認画面に細長比を表示するようにしました。

[土木基準、液状化対策基準:深層混合処理工法]
  1. 地盤の許容支持力算定において、荷重の偏心と傾斜の向きが逆の場合に支持力算定の適用外とする制限を緩和しました。

[共通:深層混合処理工法]
  1. 計算書の出力に以下の改善を行いました。
    • 「円弧すべりの検討」において、すべり円中心位置やすべり円半径を複数の条件で計算した事がわかるように「計算条件」の項を追加しました。
    • 土圧の出力において、土圧係数および土圧強度の算定式を表示するようにしました。
       建築基準:偏土圧の検討
       土木基準:構造物設計手法、複合地盤的設計手法で滑動の検討を行う場合
  2. 地盤柱状図の土質記号を追加しました。設定は、「柱状図」タブで行います。
    ※旧バージョンの「柱状図オプション|表示用土質を別途選択する」の設定は、削除しました。
    旧データの設定については、「柱状図」の設定として反映されます。

【不具合修正】
  1. 建築基準の水平力検討において、非ラップ配置で曲げモーメントを考慮する場合の縁応力度の算定方法が誤っている不具合を修正しました。
    ※上記修正により、旧バージョンと結果が異なる場合がございます。

■ヘルプの追加・修正

  1. 「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.0.0」
  2. 「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」
  3. 「概要」−「プログラムの機能概要」−「適用基準および参考文献」
  4. 「操作方法」−「メニューの操作」−「検討対象」
  5. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「地層」
  6. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「考え方」
  7. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「改良仕様」
  8. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(土木基準)」−「地盤」
  9. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(液状化対策基準)」−「地盤」
  10. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「計算条件」
  11. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「地層」
  12. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「水平抵抗の検討」−「常時・中地震時の検討」
  13. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「水平抵抗の検討」−「大地震時の検討」
  14. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「偏土圧を受ける改良地盤の検討」−「滑動の検討」
  15. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「偏土圧を受ける改良地盤の検討」−「地盤反力の検討」
  16. 「計算理論及び照査の方法」−「液状化の判定」−「建築基準」
  17. 「計算理論及び照査の方法」−「液状化の判定」−「土木基準」−「砂質地盤の液状化の判定の考え方」
  18. 「計算理論及び照査の方法」−「液状化の判定」−「土木基準」−「繰返し三軸強度比」
  19. 「計算理論及び照査の方法」−「液状化の判定」−「土木基準」−「土質定数を低減させる土層の扱い」
8.00.01 21.07.07 ■変更内容
【不具合修正】

  1. 土圧の入力画面にて、土圧係数/土圧強度を直接入力する場合に入力画面が開けない不具合を修正しました。
8.00.02 21.07.16 ■変更内容
【不具合修正】

【建築基準:深層混合処理工法】
  1. SWS試験の入力時に「地層」画面でエラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
  2. 改良体の偏心配置を行ったとき、偏土圧の地盤反力の検討において、改良地盤上の重量W1’の作用位置x1に誤りがあったのを修正しました。
  3. 計算条件で改良体上の土砂重量を考慮する設定のときに改良体上に土砂がない場合、偏土圧の地盤反力の検討が正しく行われないのを修正しました。
Page Top Page Top

■ 更新履歴バックナンバー
   ・地盤改良の設計計算 Ver.8
   ・地盤改良の設計計算 Ver.7
   ・地盤改良の設計計算 Ver.6
   ・地盤改良の設計計算 Ver.5
   ・地盤改良の設計計算 Ver.4
   ・地盤改良の設計計算 Ver.3
   ・地盤改良の設計計算 Ver.2
   ・地盤改良の設計計算 Ver.1

戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社 OCC
明治大学自動運転研究所
[ ユーザー製品体験レポート ]
株式会社大林組 杉浦 伸哉氏







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
FEMLEEG Ver.11
バイクシミュレータ
UC-1 Cloud 自動設計 土留め工
橋梁長寿命化修繕計画策定支援システム Ver.5
Shade3D Ver.22

キャンペーン実施中
UC-1 Cloud 自動設計 土留め工 リリース記念キャンペーン
橋梁長寿命化修繕計画策定支援システム Ver.5 リリース記念キャンペーン
F8VPS CMスタートキャンペーン
ライセンスバンドルキャンペーン
パックン出演!CM放送連動スイートシリーズ半額キャンペーン
新規サブスクリプション製品 ご購入プレゼント

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
09/28  レジリエンスデザイン・
   BIM系解析支援体験
   DesignBuilder/Allplan編
10/01  斜面の安定計算
10/05  ブロックUIプログラミング
   ツールを活用した
   Shade3Dプログラミング
10/06  砂防堰堤の設計・3DCAD
   体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション